国体 ホッケー、カヌーも熱戦

 第70回国民体育大会「紀の国わかやま国体」は1日から日高町のマツゲンスポーツグラウンドでホッケー少年男女、日高川町の美山漕艇場でカヌースプリントが開幕した。ホッケーでは地元選手の活躍で県選抜男子、女子チームとも初戦を快勝し、詰めかけた多くの観客も大盛り上がり。カヌースプリントでも地元選手が予選を突破、準決勝に進出を果たした。
 ホッケー 少年男子の県選抜は1日の1回戦で北海道と対戦。5―0で初戦を飾った。前半は降りしきる雨の中だったが、2点を先行。後半には12分、大西航平選手(紀央館3年)のゴールなどで3点を追加し、相手を寄せ付けなかった。県選抜はベスト8入りとなり、3日の準々決勝では岐阜県と激突する。試合終了後、大西選手は「得点がほしいところでチャンスがきて、うまく隅を狙って決まることができた」と笑顔を見せ、「もう1点ほしかったが取れなかったので次の試合もゴールを決めたい」と4強入りへ決意を新たにしていた。
 少年女子の県選抜は2日の準々決勝で徳島県と顔を合わせ、6―0で大勝。2点リードしたあと、前半21分に杉本菜摘選手(紀央館3年)、同31分に橋本亜蘭選手(同3年)、同34分に玉置ひより選手(同3年)、後半30分に井美宇選手(同3年)と地元勢が立て続けにゴールを決め、応援席から大歓声が飛んでいた。県選抜は3日の準決勝で岐阜県とぶつかる。3点目をマークした杉本選手は「落ち着いてプレーできてゴールを決められてうれしかったです。小学生たちも応援に来てくれて、みんなの声が励みになりました」と喜びを爆発させていた。
 カヌースプリント 初日はあいにくの雨だったが、成年男子カヤックシングルからスタート。漕艇場には多くの観客が訪れ、選手に声援を送った。選手を近くで見られる漕艇場対岸では日高川町の中学生が力強くパドルを漕ぐ選手にエールを送り、和歌山の選手のレースでは元気いっぱいに旗を振って活躍を後押しした。少年女子カヤックシングル500㍍には印南町西ノ地の村上生利子さん(神島高3年)も出場。予選3組(8人)で6位に入り、2日の準決勝進出を決めた。会場では日高川町生活研究グループのシシ汁などが振る舞われ、雨で冷えた体を温める人の姿が見られた。

関連記事

フォトニュース

  1. 水をまいたら涼しくなるよ

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る