こんな野党で大丈夫か

 アメリカ国務省東アジア・太平洋局日本部部長などを務めたケビン・メア氏がテレビ番組の中で、日本の国会審議について「どうして強行採決なんて言葉を使うのだろう」と疑問を呈していた。法案は時期がくれば採決するのが民主主義では当たり前。それ相応の審議時間をとったうえで国民に選挙で選ばれた人たちが可否を判断するのに特に「強行」という言葉を付け加えるのは、理解ができないとの思いを持っているようだった。法案は必要性があると決めたから提出されるのであって、ずるずると継続審議をしている場合でない、待ったなしのケースも出てくる。そのときがくれば採決するし、確かにそれを強行と呼ぶのは反対する側からの少し一方的な見方と感じないでもない。
 安全保障関連法の参院採決で、「強行採決」よりもっと目に余る行為も続出した。委員会採決の際に野党議員が委員長に押し寄せ、その周囲はブロックする与党議員も入り混じってめちゃくちゃ。さらに委員会室の後ろでは女性議員を引き倒す男性議員もいた。その他、委員長を部屋に閉じ込めたり、長時間演説での議事進行妨害、牛歩戦術、葬式のパフォーマンス、プラカードを持ち込んでの大騒ぎ。これが国権の最高機関かと情けなくなった。
 国民の間でも賛否が割れているとみられる安全保障関連法案。採決を通じて思ったことは「こんな野党で大丈夫か」ということの方が強い。野党側は「戦争法案反対」とレッテル貼りを繰り返すなら、もっと丁寧に「何が、どのように問題なのか」を国民に訴える必要があったと感じる。国の行く道を大きく変える重要法案だからこそ、世界から見られても恥ずかしくないやり方で結論を出してもらいたかった。   (賀)

関連記事

フォトニュース

  1. 薬なんかいらんわ!

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る