鍼灸師の中野さん 豪雨避難所で奉仕

 東日本豪雨災害の被災者を応援しようと、御坊市湯川町小松原、はり・灸・小児はり「中宮院」の代表で鍼灸師の中野正得さん(35)は去る20、21の2日間、茨城県常総市の鬼怒川決壊現場近く、避難所が開設されているつくばみらい市でボランティアを行った。ひざや腰に持病を持つ高齢者や、避難所生活で疲れがたまっている人も多く、仮設テントで施術して被災者に体と心の癒やしを提供した。
 県鍼灸師会に所属している中野さんは、公益社団法人日本鍼灸師会が東日本豪雨災害のボランティアを募っていることを知り、シルバーウイークの連休を利用して茨城県に行くことにした。つくばみらい市は、鬼怒川決壊で甚大な被害が出た常総市に隣接し、避難所を開設して被災者を受け入れている。中野さんは約200人が生活している同市総合運動公園内の体育館を訪問。併設されている鍼灸用の仮設テントには数台の施術ベッドが並び、茨城県鍼灸師会のメンバーと一緒に施術した。腰や首に持病がある人だけでなく、慣れない避難所生活と、日中は自宅の泥かきや片づけなどを続けて疲労がたまっている人も多く、中野さんは和歌山から持参した温熱器でお灸したり、はりを施して心身のケアに貢献した。
 平成23年に紀伊半島を襲った台風12号豪雨災害では、被害の大きかった日高川町で鍼灸ボランティアした経験もある。中野さんは「体が楽になったと喜んでもらえたことが一番うれしかった」とし、被災地での活動を通して「避難している皆さんは被災の精神的ショック、がれきの除去作業で腕や足腰のけが、長い避難所生活によるストレスなど、心身の疲労が蓄積されている。被災者だけでなく、職員やボランティアも疲労がたまるはず。心身両面でケアできる鍼灸師は災害時に必要だということも感じました。この経験を今後にも生かし、これからも災害時には自分にできるボランティアを考えていきたい」と話している。

関連記事

フォトニュース

  1. 今年で25年目です

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る