中紀バス 安全性評価3つ星に

 由良町里、中紀バス㈱(高垣太郎社長)は、公益社団法人日本バス協会貸切バス事業者安全性評価認定委員会から最高ランクの「安全性評価認定☆☆☆(3つ星)」を受けた。全車両へのドライブレコーダー装着や全乗務員への安全運転研修などで、バス運行の高い安全性が評価されて2つ星からの格上げ。県内での3つ星は、大十バス(海南市)とそろって第1号となった。
 安全性評価認定は、利用者や旅行会社がより安全性の高い貸切バス事業者を選ぶ際の指標となる制度で、国土交通省が推薦、日本バス協会が実施している。中紀バスは制度が始まった平成23年に1つ星の認定を受け、25年9月には2つ星に格上げされていた。認定の有効期間は2年間で、3つ星の認定を受けるためには、これまでの安全性を維持するだけでは難しく、さらに前に進んだ取り組みが必要。
 中紀バスは、速度や急ブレーキなど運転状況が確認できる「デジタルタコグラフ・ドライブレコーダー」と3つのカメラで運転状況を記録できるシステムを全車両(40台)に導入。このシステムの記録を確認することで、安全運転技術の向上にも役立てている。また、最新型のデジタル式アルコールチェッカーも導入して、写真付き個別管理で、測定の不正、記録の改ざんなどを防止している。さらに全乗務員を対象に自動車事故対策機構(NASVA)監修のもと、年2回(1回は3セット)の研修を実施。救命救急講習とNPO法人寺子屋監修の大規模地震・津波を想定した訓練も行っている。
 今回、最高ランクの安全性のお墨付きを得た高垣社長は、「システム導入などでコストはかかりますが、乗客の命を守ることが最優先。中紀バスは創業82年になりますが、『安全を守る』ということを先代の故高垣宏会長が言い続けていました。私たちも引き継いでいきます。安全、安心の中紀バスご利用を」と話していた。中紀バスには認定証とバスに貼るステッカーが送られてきており、来年1月には3つ星記念の新車も導入する。

関連記事

フォトニュース

  1. ありがとうございま~す!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る