いよいよ国体、ぜひ観戦を

 スポーツの世界にはあっと驚く結末が待っていることがある。昨年、テニスの4大大会の一つ全米オープンで錦織圭が準優勝という日本人初の快挙を成し遂げたのは記憶に新しい。個人的に印象に残っているのは、北京五輪陸上400㍍リレーで銅メダルを獲得したシーン。アンカーでゴールした朝原宣治選手が掲示板で3位入賞を確認した瞬間、バトンを高く放りあげてチームメートと抱き合って喜びを爆発させた場面はいまでもはっきり覚えている。失礼ながらテニスや陸上の短距離界で日本人選手がまさかメダルを獲得するなんて思ってもいなかった。何が起こるか分からない、そこがスポーツの醍醐味でもあろう。
 先日、歴史に残るまさかの吉報が日本を駆け巡った。ラグビー日本代表の活躍である。W杯で2度の優勝経験がある強豪の南アフリカを相手に大金星を収めたのはご存じのことだろう。スポーツ新聞など報道各社は「サッカー日本代表がブラジルやスペインを倒すようなもの」などさまざまな表現で称賛した。この勝利の原動力は、選手一人一人の強い気持ちと、チームワークのたまものだろう。スポーツが人に与える感動や勇気をあらためて感じさせてもらった。
 44年ぶりの本県での国体が、いよいよきょう開幕する。日高地方でもアーチェリーや女子バレーボールなど国内トップレベルの戦いが繰り広げられる。間近で観戦すれば、スポーツの魅力を存分に味わえる貴重な時間となるだろう。日高地方の子どもたちには時間の許す限り会場に足を運んでほんまもんの戦いを見て吸収してほしい。将来、和歌山や日本のスポーツ界を引っ張る選手が生まれるきっかけになることを祈っている。 (片)

関連記事

フォトニュース

  1. 町長さん、わざわざありがとうございます

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る