いよいよ国体、ぜひ観戦を

 スポーツの世界にはあっと驚く結末が待っていることがある。昨年、テニスの4大大会の一つ全米オープンで錦織圭が準優勝という日本人初の快挙を成し遂げたのは記憶に新しい。個人的に印象に残っているのは、北京五輪陸上400㍍リレーで銅メダルを獲得したシーン。アンカーでゴールした朝原宣治選手が掲示板で3位入賞を確認した瞬間、バトンを高く放りあげてチームメートと抱き合って喜びを爆発させた場面はいまでもはっきり覚えている。失礼ながらテニスや陸上の短距離界で日本人選手がまさかメダルを獲得するなんて思ってもいなかった。何が起こるか分からない、そこがスポーツの醍醐味でもあろう。
 先日、歴史に残るまさかの吉報が日本を駆け巡った。ラグビー日本代表の活躍である。W杯で2度の優勝経験がある強豪の南アフリカを相手に大金星を収めたのはご存じのことだろう。スポーツ新聞など報道各社は「サッカー日本代表がブラジルやスペインを倒すようなもの」などさまざまな表現で称賛した。この勝利の原動力は、選手一人一人の強い気持ちと、チームワークのたまものだろう。スポーツが人に与える感動や勇気をあらためて感じさせてもらった。
 44年ぶりの本県での国体が、いよいよきょう開幕する。日高地方でもアーチェリーや女子バレーボールなど国内トップレベルの戦いが繰り広げられる。間近で観戦すれば、スポーツの魅力を存分に味わえる貴重な時間となるだろう。日高地方の子どもたちには時間の許す限り会場に足を運んでほんまもんの戦いを見て吸収してほしい。将来、和歌山や日本のスポーツ界を引っ張る選手が生まれるきっかけになることを祈っている。 (片)

関連記事

フォトニュース

  1. 思ったより広いな~

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1. 写真=1点1点じっくり観賞する来館者  みなべ町立図書館ゆめよみ館で14日から、南部高校美術部…
  2.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  3.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  4.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  5.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
ページ上部へ戻る