胸躍るスポーツの祭典

 小学校の運動会などは日高地方でも半数以上が初夏開催だが、空気がカラッと気持ちよく澄み、空が高くなるとやはり「スポーツの秋」という言葉が似合う季節に思える
 小学校の頃、体育で高跳びが跳べなかった。わずかな高さでもバーに体当たりする。大多数の人と同じくバーに向かって右側から助走していたのだが、ある時、皆が「右足で踏み切っているようだから、左から走らないと」と助言してくれた。利き足など考えたこともなかったが、そういえば右でしか踏み切れない。落ち着いて考えると、右から走っていって右足で踏み切っては跳べるわけがないが、幼少時に「右と左」の理解が遅かった筆者には意味がよく分からず、なかなか言う通りにしなかった。が、あまり熱心に言われるので思いきって左から走ってみた。右足で踏み切ると、ひらり、と簡単にバーを跳び越していた。自分でも驚きだった。感情が顔に出ない方なのであまり喜んでいるようには見えなかったと思うが、皆のおかげで高跳びの味を知ってとても嬉しかった
 今に至るまでスポーツは苦手を貫いているが、あの一瞬の爽快感は忘れられない。実践は駄目だが観るのは大好きで、バレーボールも大相撲も熱くテレビ観戦する。ルールなどの理解度に自信はないが勝負の行方や記録への挑戦に感情移入して胸を躍らせられるのは、一瞬の達成感を体感できた記憶からだろうか。自分ではできなくとも、やっぱりスポーツはいいものだと思う
 かわいいきいちゃんが各地へ出張してPRに頑張る様子を何度も取材してきたが、いよいよ26日、紀の国わかやま国体・大会が開幕する。スポーツの現場ではたくまずしてドラマが生まれる。和歌山県全域がその舞台となる。胸躍る11日間の始まりである。 (里)

関連記事

フォトニュース

  1. オッス! ボクきぃぽん

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る