JR御坊駅のバリアフリー化完了

 JR御坊駅のバリアフリー化工事がこのほど完成し、23日に同駅で記念式典が行われた。メーンのエレベーター設置やホームのかさ上げ、多目的トイレ、スロープなどが設けられ、すでに16日から供用がスタート。より利用しやすい御坊の玄関口として生まれ変わった。式典ではJR西日本和歌山支社の川井正支社長が「利用しやすく、より愛される駅を目指す」と決意を新たにした。
 改札口前で行われた式典には、バリアフリー化の要望活動を続け、実現に尽力してきた御坊市の柏木征夫市長や御坊商工会議所の吉田擴会頭、御坊ロータリークラブの丸山信仁会長、市議会議員ら約40人が出席。主催者を代表して川井支社長があいさつし、交通バリアフリー法の制定に尽力した二階俊博代議士や署名活動を展開した多くの関係者の協力のおかげで実現したことに触れ「『便利になった』との喜びの言葉をいただき、これ以上の励みはない」と感謝。「引き続き愛される駅、愛される鉄道、愛される地域づくりへ全力でまい進し、より利用しやすい環境を整えていく」と力を込めた。来賓の岡本敏秀日高振興局長は「人にやさしい玄関口にふさわしい駅になった」、柏木市長は「実現に協力いただいたすべての皆さんに感謝」、西本和明市議会議長、中村裕一県議、二階代議士の長男で秘書の俊樹さんも祝辞を述べた。続いて1番ホームのエレベーター前に移動し、川井支社長や柏木市長らがくす玉開きで完成を祝った。御坊駅の小谷典史駅長の案内で見学し、市身体障害者福祉協会の湯川芳規会長、同肢体障害部会の柳岡克子部会長も実際に利用した。
 メーンのエレベーターは1番ホームと2番ホームに新設。車いす利用者はこれまで、ホーム南端の昇降機を使わなければならなかったが、妊婦や高齢者、大きな荷物を持った観光客らの利便性が大幅に向上した。ホームのかさ上げで電車のドアとの段差を小さくし、駅入り口や紀州鉄道との連絡通路にはスロープを設置。警告誘導ブロックや音声案内なども整備した。総事業費は約3億5000万円。事業主体のJR西日本が3分の1を負担し、残りは国が3分の1、地元御坊市と県が合わせて3分の1を補助。市には御坊ロータリークラブから200万円の寄付もあるなど、地域住民念願のバリアフリー化となった。

関連記事

フォトニュース

  1. 昔はどの家でも作ったけどな

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る