互いの思いやりで交通安全

 先日、日高町志賀地内の県道を車で走っていると、横断歩道のある道路沿いで手を上げている子ども3人がいた。多分、下校途中の志賀小学生だと思うが、とりあえず筆者は横断歩道の前で停車。子どもたちは手を上げて元気に渡っていった。驚いたのは次の瞬間。子どもたちは横断歩道を渡り終わったあとに、こちらをくるりと振り向いて、ぺこりとおじぎしてくれた。
 横断歩道を渡ろうとしている人がいれば、車を停車させるのはドライバーにとって当たり前のルール。そんな当たり前のことをしたのに、わざわざ頭を下げて感謝をしてくれるとは、逆にこちらが恐縮である。学校の指導なのか、家庭でのしつけなのか分からないが、そういった礼儀やドライバーへの〝思いやり〟が、子どもら自身の交通安全にもつながると思う。
 逆によく見かけて困るのは、高齢者の道路横断。歩道のあるなしにかかわらず、平然と道路を渡っている。そうなると、ドライバーの前方不注意などでどうしても事故が起きるリスクが高まる。高齢者にとっては、多分横断歩道の渡り始めは左右に車がないことを確認しているのだと思うが、高齢に伴い歩く速度が遅くなって、車が来てしまうのだろう。だからドライバーとしては、そんな高齢者を見かけてもイライラせずに停車するなど〝思いやり〟の運転を心がけるべき。ただ、逆に高齢者は、信号機のあるところを渡るとか、左右をしっかり遠くまで確認するとか、自身の交通安全をしっかり考えてほしい。それもまた、ドライバーへの〝思いやり〟。
 21日から秋の全国交安運動がスタート。互いの〝思いやり〟で交通安全を(吉)

関連記事

フォトニュース

  1. こらこら、やめなさいっていうの!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る