心と体の入れ替わり

 毎週金曜日深夜にテレビ朝日で放送されているドラマ、「民王(たみおう)」が面白い(18日、第8回が最終話)。現職総理大臣と、大学生の半ば引きこもりの子どもが、何者かの陰謀? で心と体が入れ替わってしまうという奇想天外なストーリー。ちょっと難しい漢字になるとルビを打たなければ読めないような息子が首相に、政治の権力闘争を勝ち抜いて総理のいすを手に入れた父が冴えない大学生になり、数々の困難に直面する。心と体の入
れ替わりが起こるドラマは新しいアイデアでもないが、父親役の遠藤憲一、息子役の菅田将暉がともにはまり役で好演。とくに、こわもて遠藤憲一の、本当に頼りない息子と入れ替わったかのようなコミカルな演技が、より楽しくさせている。
 「半沢直樹」で知られるベストセラー作家・池井戸潤氏の作品をドラマ化。総理になった息子、大学生になった父親の2人は、レアメタルの輸入交渉、官房長官のスキャンダル、シングルマザーの就労、資金難のフリースクールなど、政権を揺るがしかねない問題を次々と乗り越えていく。父親は総理を志した若かりしころの思いを取り戻しながら、息子は中高年にはない若者の視点で困難に立ち向かう姿が見られる。
 突然の入れ替わりという発想で繰り広げられる政治小説。「政治的信条は一切ありません」という作者が伝えたいことの一つには「相手を理解する心」の大切さがあると思う。突然の入れ替わりを使い、それを表現しているのではないだろうか。
 現実世界。政界の権力者、また社会的に上の立場の人は、入れ替わらずとも思いやりの心を持てないようではその地位にいる資格はないだろうと考えさせられる。 (賀)

関連記事

フォトニュース

  1. いまが見ごろです

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  2.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  3.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  4.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  5.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
ページ上部へ戻る