御坊は歴史がいっぱいあります

 元NHKエグゼクティブアナウンサーで現在はフリーアナウンサーの松平定知さんが17日、自身がコーナーを持つ情報誌の取材のため御坊入り。午前中には柏木征夫市長も訪ね、「こんなに歴史が豊富な地域はない」と太鼓判を押した。
 大正大学(東京)の出版会が9月に創刊した地域創生のための総合情報誌「地域人」で、松平さんは「松平定知の歴史散歩」のコーナーを担当。足を運んだ地域の魅力を紹介する紀行文で、初回は土佐・室戸を取り上げた。今回は、同大学専務理事で地域人の編集・発行者でもある柏木正博さんが御坊市藤田町吉田出身であることが縁で御坊を取り上げることになった。松平さんは3年前の11月に御坊市民文化会館で開かれた「御坊歴史再発見シンポジウム 有間と宮子~御坊・日高に眠る古代史開眼~」でコーディネーターを務めたこともあり、御坊には縁がある。悲劇の皇子有間皇子の埋葬説がある岩内1号墳、道成寺などを回り、シンポジウムの内容を交えて6㌻分で紹介する予定。11月発売の12月号で掲載される。
 シンポジウム以来3年ぶりの再会となった柏木市長は「ようこそ御坊へ」と握手して歓迎。柏木市長を訪ねる前に日高別院に立ち寄ったという松平さんは「大きなイチョウの木があって素晴らしかった」と笑顔で「シンポジウムでは中大兄皇子や藤原不比等などとのかかわりなども出てきて非常に興味深かった。これほどさまざまな歴史があるところはない。観光の素材や魅力がいっぱいある」など話し、柏木市長と和やかに歴史の話で歓談した。

関連記事

フォトニュース

  1. 卒業式を前に感謝を込めて

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る