御坊は歴史がいっぱいあります

 元NHKエグゼクティブアナウンサーで現在はフリーアナウンサーの松平定知さんが17日、自身がコーナーを持つ情報誌の取材のため御坊入り。午前中には柏木征夫市長も訪ね、「こんなに歴史が豊富な地域はない」と太鼓判を押した。
 大正大学(東京)の出版会が9月に創刊した地域創生のための総合情報誌「地域人」で、松平さんは「松平定知の歴史散歩」のコーナーを担当。足を運んだ地域の魅力を紹介する紀行文で、初回は土佐・室戸を取り上げた。今回は、同大学専務理事で地域人の編集・発行者でもある柏木正博さんが御坊市藤田町吉田出身であることが縁で御坊を取り上げることになった。松平さんは3年前の11月に御坊市民文化会館で開かれた「御坊歴史再発見シンポジウム 有間と宮子~御坊・日高に眠る古代史開眼~」でコーディネーターを務めたこともあり、御坊には縁がある。悲劇の皇子有間皇子の埋葬説がある岩内1号墳、道成寺などを回り、シンポジウムの内容を交えて6㌻分で紹介する予定。11月発売の12月号で掲載される。
 シンポジウム以来3年ぶりの再会となった柏木市長は「ようこそ御坊へ」と握手して歓迎。柏木市長を訪ねる前に日高別院に立ち寄ったという松平さんは「大きなイチョウの木があって素晴らしかった」と笑顔で「シンポジウムでは中大兄皇子や藤原不比等などとのかかわりなども出てきて非常に興味深かった。これほどさまざまな歴史があるところはない。観光の素材や魅力がいっぱいある」など話し、柏木市長と和やかに歴史の話で歓談した。

関連記事

フォトニュース

  1. みんなずっと友達だよ

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る