JOC中学バレー 県選抜に日高地方から3選手

 12月25日から28日までの4日間、大阪市内2会場で開かれるJOCジュニアオリンピックカップ第29回全国都道府県対抗中学バレーボール大会の和歌山男女選抜チームに、日高地方の3選手がメンバー入りを決めた。男子で五味登以(とうい)君(大成)、女子で西川凌さん(日高)と田中彩織さん(上南部)、いずれも3年生。師走の大一番はまだ3カ月以上先だが、それぞれ本番での活躍を誓い闘志を燃やしている。
 県選抜チームは男女別に結成され、男女とも先月上旬の選考会で県バレーボール協会が12人ずつを選出した。地元の3選手はいずれも初のメンバー入り。
 五味君は180㌢のウイングスパイカー。バレー歴は5年ほど。中学校では1年秋からエースで、3年夏には近畿大会8強の原動力となった。最高到達点3㍍15から繰り出す高い打点のスパイクに、クロス、ストレートに打ち分けられる技術を兼ね備え、県選抜でもエース候補と期待されている。選抜チームでは「どんなボールが上がってきても絶対決められる選手になりたい」と力を込め、「日本一を目指して頑張っていきたい」と闘志を燃やしている。
 西川さんは158㌢のレフトアタッカー。バレー歴は7年ほど。中学校では1年秋からレギュラー、2年秋から主力としてチームをけん引し、ことしは春と夏に県大会3位入賞を果たした。県選抜12人の中では一番小柄だが、正確にコースをつくアタックが光り、見事メンバー入りを決めた。本番へ向けては「レギュラーになって少しでもチームの力になれるようなプレーがしたい。予選突破、決勝トーナメント進出を目標に頑張っていきたい」と力強く抱負。
 田中さんは164㌢のセンターアタッカー。バレー歴は6年ほど。中学校では2年になって頭角を現し、3年では春の県準優勝、夏の県ベスト8入りにポイントゲッターとして貢献した。持ち味はオープンからの力強いアタック。選抜チームでは「まずはレギュラーに選ばれるように頑張りたい。苦しいときに決められるアタッカーになりたい」と活躍を誓い、全国の強豪が集う師走の大一番へは「全員でつなぐバレーをして1試合でも多く勝ちたい」と意気込んでいる。
 県選抜チームはすでに結団式も終わらせ、これから本番までは週末などに合同練習や実戦を重ね、連係を強化していく。
 大会は大阪市中央体育館、同市内のエディオンアリーナ大阪で熱戦が展開される。男女とも予選、決勝トーナメント方式で優勝が争われる。

関連記事

フォトニュース

  1. ファイト! 冷たい水の中をのぼってゆけ

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る