偉人の名言を知ろう

 仕事や普段の生活の中で、何かと失敗をすることはあるだろう。一度失敗をしてしまうと、再び違うところで失敗しないよう気持ちを切り替えるべきなのだが、なかなか切り替えられず、少なくとものその一日は何度も思い出してしまう。そんな時、偉人たちの名言が励みになる。「わたしは、失望しない。どんな失敗も、新たな一歩となるからだ。」(エジソン)、「人は何度やりそこなっても、『もういっぺん』の勇気を失わなければ、かならずものになる」(松下幸之助)など。過去に名を残す、または現在も活躍している成功を収めた有名人の言葉には説得力があり、少し前向きになれる。そんな偉人の名言だが、最近、名言の中に誤った使われ方をしているという記事を見た。
 エジソンの「天才は1%のひらめきと99%の努力」。天才は才能が跳び抜けた人でなく努力で作り上げている意味かと思えば、本当の意味は「1%のひらめきがなければ、99%の努力は無駄になる」という説がある。また福沢諭吉の「天は人の上に人をつくらず人の下に人をつくらず」。すべての人は平等を意味している言葉だが、後に続く文章には、それでも貧富の差があり、「学ぶ人は貴人、無学の人は貧人」など学問の大切さを訴えている。ほかにもいくつかあり、誤用かどうかの正確な判断は難しいが、一般的に言葉の中から教えになりそうな個所だけを抜き取って後世に残していることが多いそうだ。
 いずれにしても偉人の名言というのはその人の性格を知る材料になるだけでなく、現代人の励みになる。インターネットなどに多く掲載されているので、失敗したり行き詰まることがあれば一度のぞいてみてはどうだろうか。(城)

関連記事

フォトニュース

  1. 揺れる火に思いを込めて

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  ホラー、怪談、恐怖小説、怪奇小説、スリラーなどいろいろ類語はありますが、私はやっぱり日本古来の怪談…
  2.  代表作の「青の炎」や「悪の教典」で今や誰もが知っている人気のホラー作家貴志祐介。デビューから1年目…
  3.  ひとりかくれんぼとは、もともと関西・四国地方において、「コックリさん」と共によく知られる遊びであっ…
  4.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  5.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
ページ上部へ戻る