御坊で車と電車が衝突 女性重体

 5日朝、御坊市湯川町丸山のJR紀勢線線路内で、普通電車と乗用車が衝突。乗用車ははね飛ばされ、運転していた現場近くに住む45歳の女性が病院に救急搬送されたが、意識不明の重体となっている。電車の乗客約180人と乗務員にけがはなかったが、事故のため運行は約1時間40分ストップし、約1200人の足に影響が出た。
 現場は国道42号沿いの㈱御坊自動車から東約50㍍の宮前踏切で、御坊署によると午前9時10分ごろ、和歌山発、紀伊田辺行き4両編成の先頭車両が、国道向きに東から西へ踏切内に進入した乗用車の右側に衝突。乗用車は遮断機やコンクリート製のポールをなぎ倒しながら南へ約7㍍飛び、さらに約3㍍下の田んぼに落ちた。通報を受けて市消防が出動。レスキュー隊が運転席から女性を助け出し、ドクターヘリで和歌山市内の病院に搬送したが、女性は危険な状態が続いているという。
 電車は踏切から約100㍍進み、約50分間停止後に運行。紀伊由良~御坊間は1時間40分にわたって運転を見合わせた。線路は南向きに左へカーブする手前、道路の幅は約3・5㍍で見通しはよく、事故は北向きの電車が通過した直後だったとみられている。当時、乗用車が動いていたか、止まっていたかは分かっておらず、同署が詳しい原因を調べている。
 現場周辺には大勢のやじ馬らが集まり一時騒然。事故の瞬間を遠めで見たという男性は「すごい大きな音で警笛が聞こえました。ちゃんとは見えなかったのですが、本当に驚きました。なんとか助かってほしい」と表情をこわばらせ、通報した男性も「大きな音がしたので見に来ました。とにかく早く助けてあげてほしいと慌てて消防へ電話しました」と女性を気遣っていた。

関連記事

フォトニュース

  1. 薬なんかいらんわ!

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る