紀州梅の郷場所 チケット残りわずか

 田辺市で約50年ぶりの開催となる大相撲秋巡業「紀州梅の郷場所」(10月19日、田辺スポーツパーク体育館)は、3日までに約2500席のチケットがほぼ完売した。史上最多35回の幕内優勝を誇る横綱白鵬ら幕内、十両の取組のほか、子どもとの稽古や横綱の綱締め公開など地方巡業ならではの企画も盛りだくさん。幕内取組と弓取り式の終了後には、力士も参加する田辺市合併10周年記念イベントのもち投げも行われる。
 今月13日初日の秋場所では、白鵬、鶴竜、日馬富士の3人の横綱をはじめ、42人の幕内力士のうち18人が外国人という状況にあって、女性ファンが多い遠藤や立ち合い前の「ホゥ」の気合いでおなじみ琴勇輝らの活躍もあり、相撲人気は1年ほど前から急激に回復傾向。5月の夏場所、7月の名古屋場所は連日の満員御礼となった。
 今回の秋場所巡業「紀州梅の郷場所」は田辺市の合併10周年記念として、同市では約半世紀ぶりの開催となる。幕内から十両、幕下まで約260人の力士が参加し、午前8時から公開稽古、10時半から地元の子どもたちとの稽古が行われ、11時から幕下力士の取組がスタート。正午からは横綱の綱締め公開、十両力士の土俵入りに続き、「白干し」が相撲の白星にゲンがいいと、特産の南高梅の贈呈式が行われる。午後1時からの十両取組、1時半からの幕内力士と横綱の土俵入りに続き、2時から幕内力士の取組が始まる。
 3日朝の時点で、残るチケット(全席弁当、お茶、記念座布団つき)は1階イス席A(1人9500円)が数十席、2階の正面後列B(1人9500円)が4席、2階の最後列C(正面と向正面いずれも1人8500円)が数十席。問い合わせは専用電話℡080―8515―7998。

関連記事

フォトニュース

  1. ぜひ皆さんで食べてください

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…
  2. B29へ決死の体当たり 欧州で第2次世界大戦が始まったのを受け、米軍は1939年(昭和14)11月…
  3. 3月17日の神戸大空襲に遭遇 アニメ映画化された野坂昭如の小説「火垂るの墓」、手塚治虫の「アド…
  4. 大阪空襲の直前に帰郷 印南町山口に生まれ、現在は美浜町吉原(新浜)に住む芝﨑シヅヱさん。父五郎右衛…
  5. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  2.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
  3.  短歌をやっている母の本棚に20年ほど前からあった著者のサイン入り歌集ですが、今回初めて中身を読みま…
  4.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  5.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
ページ上部へ戻る