紀州梅の郷場所 チケット残りわずか

 田辺市で約50年ぶりの開催となる大相撲秋巡業「紀州梅の郷場所」(10月19日、田辺スポーツパーク体育館)は、3日までに約2500席のチケットがほぼ完売した。史上最多35回の幕内優勝を誇る横綱白鵬ら幕内、十両の取組のほか、子どもとの稽古や横綱の綱締め公開など地方巡業ならではの企画も盛りだくさん。幕内取組と弓取り式の終了後には、力士も参加する田辺市合併10周年記念イベントのもち投げも行われる。
 今月13日初日の秋場所では、白鵬、鶴竜、日馬富士の3人の横綱をはじめ、42人の幕内力士のうち18人が外国人という状況にあって、女性ファンが多い遠藤や立ち合い前の「ホゥ」の気合いでおなじみ琴勇輝らの活躍もあり、相撲人気は1年ほど前から急激に回復傾向。5月の夏場所、7月の名古屋場所は連日の満員御礼となった。
 今回の秋場所巡業「紀州梅の郷場所」は田辺市の合併10周年記念として、同市では約半世紀ぶりの開催となる。幕内から十両、幕下まで約260人の力士が参加し、午前8時から公開稽古、10時半から地元の子どもたちとの稽古が行われ、11時から幕下力士の取組がスタート。正午からは横綱の綱締め公開、十両力士の土俵入りに続き、「白干し」が相撲の白星にゲンがいいと、特産の南高梅の贈呈式が行われる。午後1時からの十両取組、1時半からの幕内力士と横綱の土俵入りに続き、2時から幕内力士の取組が始まる。
 3日朝の時点で、残るチケット(全席弁当、お茶、記念座布団つき)は1階イス席A(1人9500円)が数十席、2階の正面後列B(1人9500円)が4席、2階の最後列C(正面と向正面いずれも1人8500円)が数十席。問い合わせは専用電話℡080―8515―7998。

関連記事

フォトニュース

  1. 龍が飛び出てきそう

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1. 写真=1点1点じっくり観賞する来館者  みなべ町立図書館ゆめよみ館で14日から、南部高校美術部…
  2.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  3.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  4.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  5.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
ページ上部へ戻る