ゆるい「つながり」切らさないで

 夏休みが終わり、朝夕の通学路で登下校の子どもたちを見かけるようになった。新たな気持ちで勉強にスポーツ、その他文化活動に頑張ろうという子もいれば、もう学校なんか行きたくないと、うっとうしい気分の子もいるだろう。
 新学期のスタートは子どもの自殺が多くなるという。内閣府の調査によると、昭和47年からおととしまで42年間に18歳以下の子どもが自殺した日を調べてみると、夏休み明けの9月1日が突出しており、長期休暇の終わり、新学期のはじめに多くなっている。
 友人関係などに悩み、誰かに相談しても解決できず、「こんなに辛いならいっそ死んだ方が…」と、突発的に走ってしまうのが若者の自殺の特徴。教師、友人、家族は、死に傾きつつある前兆に気づかねばならない。
 不眠、過眠、拒食などのほか、言葉使いや身なり、生活態度が突然変わるのもそう。冗談のようでも「死にたい」と口にしたり、手首を浅く切って「やっちゃった」と笑っているのはかなり危険で、すぐにも精神科医など専門家に診てもらう必要があり、この際、それを「たいそな…」と思うブレーキはいらない。
 親や上司にもストレスに強い人、弱い人、過去にいじめを受けたことがある人、ない人などいろんなタイプがある。競争社会で闘うタフな人ほど「頑張れ」「負けるな」とプレッシャーを与えがちで、SOSに気づきにくいという。
 悩む子どもの考えを尊重するあまり、周囲から「甘い」とみられる親、教師がいる。しかし、この甘さこそ粘り強い精神力が必要で、死の衝動を抑える大切なつながりとなる。その糸は家族が最も太い。大人で家族がいない場合は難しいが、親類、友人、同僚らが無理をせず、ゆるいつながりを保ち続けてほしい。   (静)

関連記事

フォトニュース

  1. こらこら、やめなさいっていうの!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る