甲子園で南高梅ナイター

 みなべ町は1日、甲子園球場で行われた阪神―広島戦で、「南高梅誕生50周年記念紀州みなべ南高梅ナイター」と銘打ってPR活動を行った。ことしで10年目の取り組み。セレモニーではうめ娘2人が両軍に梅干しを贈呈したほか、試合前にはPR用の梅干しを来場者に配布した。小谷芳正町長は「今後も梅のPRに取り組み、消費拡大につなげたい」と話している。
 町内西本庄の井口富雄さん(67)と井口修一さん(67)らが阪神球団の関係者と交流があったことがきっかけで、平成18年から開始。以後、毎年続けられている。
 ことしも、試合前のセレモニーでうめ娘の田中亜紀さん(23)=晩稲=が阪神タイガースの江越大賀選手に、池添早紀子さん(23)=西本庄=が広島カープの磯村嘉孝選手に、それぞれ南高梅を手渡した。電光掲示板のモニターには「南高梅誕生50周年記念 紀州みなべ南高梅ナイター 日本一の梅の里 和歌山県みなべ町」などと大きく映し出された。セレモニー以外にも、開門と同時に9カ所の入場ゲート付近で3粒入りの梅干しパックや梅の効能の説明入りパンフレットなど5000セットを配ってPRした。受け取った人からは「ことしは例年よりも遅かったね」「梅干しをいただけてうれしい」などの声が聞かれた。小谷町長は「南高梅の知名度の高さが実感できたし、熱中症予防や疲労回復など梅の機能性についても認知されてきているように感じた。今後もできる限り続けていきたい」と話していた。
 当初は小谷芳正町長の始球式も予定されていたが、雨が降ったりやんだりするあいにくの空模様だったため取りやめとなった。試合は約30分遅らせて開始されたが、1回表に阪神の能見篤史投手が2者連続三振を奪ったところで雨脚が強まり、ノーゲームとなった。

関連記事

フォトニュース

  1. こらこら、やめなさいっていうの!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る