最も売れている芥川賞作品

 芥川賞受賞作品「火花」が未だかつてないほどの盛り上がりを見せている。単行本の発行部数は、芥川賞作品としては前人未到の229万部になるという
 コント番組で、著者の又吉直樹氏が所属するお笑いコンビピースのネタを見たことがあった。化け物2人が連れ立って買い物に行く設定で、妙に心温まる話。1位のコンビの方が笑えたが、ネタがあとまで心に残ったのはピースだけだった
 その1人が小説を書いたというので興味を持って読んだのが1月。その後どんどん評判が高まり、芥川賞を受賞するに至ってもはや社会現象となった。内容は、師弟関係を結んだ2人のお笑い芸人の10年間。心情が丹念に書き込まれ、短編だが長編並みの密度。お笑いの世界を描いても軽妙な作風でなく、人と人との関係性の本質に迫る正統的な純文学である。ピュアな情熱を感じさせるところに好感が持てた。とはいえ正直、芥川賞をとるほどの出来栄えとは思えなかったが、伸びしろの大きさを感じさせるのは確かで、可能性に贈られた賞だろうと思った。何より出版業界が活気づいたのが大きな功績かもしれない
 純文学は筋の面白さとは別のところに感動のポイントがあり、感覚的に合わないとよさを実感できない。あまり多くの人に読まれると必要以上に「思ったほど面白くない」という反応が起こるのではと老婆心ながら心配したが、ある番組で又吉氏の書いた絵手紙を見た。どっしりしたカブト虫の絵に「動じるな。」と言葉が添えられていた。「火花」より直接的に氏の作家性を見たような気がして、これなら読者のどんな反応にも動じず書いていけるのだろうなと思った
 小説好きとしては、新たな可能性を持った作家の出現に期待したいところである。(里)

関連記事

フォトニュース

  1. でっかいオモチャみたい?

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る