記録的猛暑に虎躍る?

 赤とんぼが飛びかい、朝夕は少し涼しくなったとはいえ、まだしばらくは厳しい残暑が続く。記録的な猛暑の今年、身近にも熱中症になった、なりかけたという話を聞いたが、ビールやエアコンの売れ行きを想像すると、景気の熱も大いに上昇したのでは。
 「夏」という言葉を聞いたとき、人はそれぞれさまざまなイメージや出来事が頭に浮かぶ。友人は夏、とくに暑い夏といえば、松本清張原作の映画『砂の器』で、丹波哲郎と森田健作が演じる刑事2人が聞き込みを続けるシーンを思い出すという。
 クールビズが定着したいまでは、真夏にネクタイというだけでちょっと懐かしく、桂枝雀のいう「お日ぃさんが、カーッ」のような炎天下、陽炎ゆれる線路沿いを汗だくになって歩く姿は、どこかノスタルジックで印象的。蝉しぐれや風鈴の音、花火など、映画やドラマで刷り込まれた日本人の夏のビジュアル的な季語は、他のどの国民よりも多いだろう。
 現実の出来事も記憶の付箋で、別の友人は夏と聞いて、昭和60年の夏が最も”熱く”忘れられないという。阪神ファンの彼は当時中学3年。4月にバース、掛布、岡田のバックスクリーン3連発があり、6月には豊田商事会長の刺殺事件があり、8月には日航ジャンボ機が墜落。その2日後、甲子園では桑田・清原のPL学園が29―7で東海大山形を下し、10月には阪神が21年ぶりのリーグ優勝を決めた。個人的にもいろんなことがあったそうだ。
 今年も記録的な暑さのうえに災害や事件の大きなニュースが多く、阪神は長期ロードをまさかの勝ち越しで乗り切った。30年前の夢よ再び、将来、夏の猛暑が10年ぶりのリーグ制覇、日本一という記憶のタグになることを期待。  (静)

関連記事

フォトニュース

  1. 吉兆!? これは珍しい

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  2.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
  3.  短歌をやっている母の本棚に20年ほど前からあった著者のサイン入り歌集ですが、今回初めて中身を読みま…
  4.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  5.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
ページ上部へ戻る