初心忘れずハンドル握ろう

 先日、自動車運転免許の更新に田辺市へ行ってきた。受け付けを済ませ、県交通安全協会に入会。会費は紙面でも紹介される黄色いランドセルカバーの提供や子ども自転車大会の開催、優良運転者・交通安全功労者の表彰、広報啓発といった交通ボランティア活動に役立てられる。このほか交通事故入院見舞金やプレゼント制度の特典があり、どこか気持ちよく手続きした。
 その後、視力検査と写真撮影があり、講習を受けた。講習は一般講習。反省の意味を込め、優良講習でない理由を振り返ると、4年半ほど前、和歌山市で通行禁止の違反を犯した。狭い路地に迷い込んでしまい、早く広い道路に戻りたく道を聞こうと、交番が見えた方へ交差点を右折。ちょうど警察官がいて互いに声をかけたのを覚えている。標識の見落としだった。
 話を戻し、講習では最近の道路交通法改正をメーンに講話を聴いた。手渡された安全運転ブックを見ながら真面目に受講。標識の説明もあり、身が引き締まる思いだった。後半はDVDで学習。交通事故を起こしてしまった原因、その後の人生に与える影響を考えさせられ、あらためて法令順守やマナーアップへ意識が高まった。それが終わると、免許証交付。5年後は優良運転者講習を受けたいものだ。
 さて、ことし1月から6月末まで上半期の御坊署管内交通事故多発交差点ランキングが発表された。ワースト10のほとんどが国道42号。事故の形態は追突が目立っている。7月中の人身事故で最も多かった出合い頭と合わせ、同署によると、一時停止と左右確認の徹底で防げるケースがほとんど。初心を忘れずハンドルを握ろう。(笑)

関連記事

フォトニュース

  1. クエの恵みに感謝

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  2.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
  3.  映画「ソワレ」が御坊でも好評上映中ですが、タイトルは「夜会」を意味する言葉。そんなタイトルの司馬遼…
  4.  主演ドラマ「半沢直樹」の新シリーズが大ブレイク中の俳優、堺雅人。テレビ雑誌で連載したエッセイ集をご…
  5.  霊感はさほど強くないはずだが、なぜか奇妙な出来事に遭遇してしまう。本作はノンフィクション作家の著者…
ページ上部へ戻る