印南でトックリランが蕾つける

 栽培して40年で初めての開花へ――。印南町印南、高下倫弘(こうげ・みちひろ)さん(74)宅の庭でトックリランが蕾をつけている。観葉植物として一般家庭でもよく栽培されるが、温室でもない場所で花を咲かせることは非常に珍しい。高下さんは「早く花が見たいですね」と心待ちにしている。
 メキシコ原産の常緑高木で、水分や養分を蓄える根本のふくらみが「とっくり」に見えることからこの名が付いた。幹の先端から葉が垂れ下がる様子から、「ポニーテール」とも呼ばれる。
 高下さんは園芸が趣味で若い頃から多くの植物を育てており、トックリランは神戸市で通信関係の仕事をしていた40年ほど前に種を購入し、育て始めた。20年前、定年を待たず帰郷した時に持って帰ってきたが、その時は高さ1.5㍍ほど。家の庭に植え替えると土が合ったのかすくすくと大きくなり、今では4㍍ほどで2階の屋根を超えた。
 蕾に気づいたのは7月27日。調べてみると、以前に大阪の植物園で花を咲かせたとしてニュースになっていたが、温室にも入れず普通に栽培している状態で花をつけた例は和歌山県内では見つからなかった。
 「育てて40年。こんなに大きく育ち、やっと花を見せてくれると思うと感慨深いですね」と高下さん。現在は幹のてっぺんから伸びた軸に緑色の蕾が無数についている状態で、咲くと白い穂のようになる。開花すれば1カ月ぐらいは咲いているという。 

関連記事

フォトニュース

  1. スクラムが大事

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. 第23回日高町ふれあい祭

    11月 16 @ 12:00 AM - 11月 17 @ 12:00 AM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る