火災消火協力の庄門さんに感謝状

 今月2日、印南町の鉄工所で発生した火災に気づき、迅速的確な初期消火で延焼拡大を防いだとして、日高広域消防本部の山西良一消防長は11日、近くに住む島田の農業、庄門孝浩さん(37)に感謝状を贈った。庄門さんは勇気ある冷静な行動で素早く水道水での消火活動を実行。鉄工所内には可燃性ガスボンベがあり、民家も隣接していたことから、大規模な火災につながる可能性があったが、被害を最小限に食い止めた。
 庄門さんは2日午後2時30分ごろ、自宅近くに所有する農業用倉庫に行ったところ、「バチバチ」という音が聞こえ、道向かいにある鉄工所の方から何か焦げたような臭いがし、ガラス越しに中を見ると炎のようなものを発見。中に入って分電盤から出ている火を見つけ、119番通報するとともに、近くにいた家族にも火災を知らせた。自分は倉庫から水道ホースを延ばして消火。火は屋根に届くほど燃え上がっていたが、電気機器を焼いただけで、日高広域消防隊が到着した時には鎮火していた。
 日高広域消防本部での表彰式では山西消防長が感謝状を贈呈。「休日の、しかも無人の鉄工所内からの出火で、内部には可燃性物品が設置されており、また、民家も隣接していたことから大規模な火災になっていた可能性が十分に予想された。庄門さんの迅速な行為は消火活動の模範であり、その重要性を広く地域住民に知らせるものです」とたたえ、ねぎらった。
 火災当日、「稲むらの火」で知られる濱口梧陵の偉業について講演を聴いたあとだったという庄門さんは「防災について学んだばかりで、無我夢中ながらも落ち着いて行動できたと思います。消火活動は初めてでしたので消防隊の到着には正直ホッとしました。とにかく消さなアカンと自分にできることをやりました」と話し、感謝状に「身に余る光栄です。これからも地域の防災に努めていきたい」。贈呈式には長男の大和君(10)=切目小5年=と二男の武尊君(9)=同3年=も同席し、「頼もしくて格好いいと思います」と笑顔を見せていた。

関連記事

フォトニュース

  1. 真っ向勝負!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る