異業種連携で熱い活動

 8日は立秋、「暦の上では秋ですが…」というおなじみのフレーズが聞かれるようになるが、まだしばらくの間、続く言葉は「暑いですね」がしっくりきそうだ。以前担当していた海南市で、神社や観光物産施設をスタンプラリーで回り、紀州漆器の風鈴を抽選で当てる「かいなん夢風鈴まつり」が開催されている。「リーン、リーン」。風鈴ではなく電話が鳴り、PRと招待の連絡があった。
 そのスタンプラリーは旧海南市内の神社10カ所と観光物産施設2カ所のうち7カ所を回り、スタンプを集めれば抽選にチャレンジできる。12カ所すべて回ると特製風鈴の獲得率がアップするが、過去3回はいずれも家庭用品のセット。それはそれで同市が日本一のシェアを誇る別の特産品だが、やはり風鈴ゲットへ15日までの期間中に再参加したいと思う。
 「かいなん夢風鈴まつり」は、地場産業と観光をコラボレーションさせたイベント。海南市内の神社、商工会議所、紀州漆器協同組合が中心になって5年前から始め、ことしで6回目となる。スタンプラリーのほか、毎年さまざまな関連イベントがあり、市内外から多くの人出でにぎわう盛況ぶり。企画運営する実行委員会は各団体の青年部がメーンになって活躍している。
 同市には海南青年団体連絡会議、通称「海青連」という組織がある。各種団体の青年部員らが集まり、「共有×交流」を軸に団体の垣根を越えて活動。情報の共有と異業種間の交流を図り、連携することで一つの団体で取り組むより充実した成果を挙げている。いろいろなコラボは地域活性化の一助。日高地方でも「熱いですね」と言われる活動が増えることを期待したい。  (笑)

関連記事

フォトニュース

  1. 日高のサバで日本一になるぞ!

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. いなみまめダムマラソン

    11月 3 @ 8:00 AM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る