子どもの発想力育てよう

 和食には欠かせない調味料に醤油があるが、食の洋風化や外食の増加などで消費量が減少しているという。さらに醤油売り場にはさまざまなメーカーやプライベートブランドの製品が並び、競争が激化。醤油という商品柄、なかなか個性を出せず微妙な味の違いくらいで、一般消費者からみればほとんど同じだっただろう。そんな中2009年、ある醤油メーカーが「鮮度」に着目した商品を発売。特殊な容器で中身を真空に保ち、酸化を防いで数十日経過しても新鮮な醤油を味わうことができ、その斬新さから一気にヒット商品になった。膠着(こうちゃく)していた醤油業界に「鮮度」という新しい価値を加えることで、消費者の心を動かした。昔から変わらず定番商品として売られていた醤油などは、一見手の着けようがないように思うが、ほんの少しのアイデアで大きな差別化ができる。こういった発想ができる人には感心させられる。
 御坊市では毎年夏休みに、少年少女発明クラブの子どもたちを対象に夏休みくふう教室を開いている。少人数で、自分が作りたいものをゼロから考え、和高専OBらの指導者とともに計画的に作製していく。昨年から取材しているが、これまでは小さい子どもが開けられないように開ける際に少しコツがいる引き出し、雨のあとの濡れた傘の乾燥機、ソーラーとセンサーの力で自動的にプランターに水やりをする装置など。子どもならではのユニークな発想に驚かされる。また考えたものを、各分野のエキスパートともに作り上げることは貴重な経験になるだろう。将来、鮮度醤油のようなヒット商品を生み出す人材が地元から生まれることに期待したい。(城)

関連記事

フォトニュース

  1. 今年で25年目です

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る