JA紀州も移動スーパー展開へ

 JA紀州(久保秀夫組合長)は9月中旬から由良、日高、美浜の3町内で、高齢者ら日常の買い物に困っている人の自宅前まで行って、Aコープの商品を軽トラックで販売する移動スーパー「とくし丸」事業をスタートさせる。買い物の楽しさを届けるだけでなく見守り活動も展開。今月19日、御坊、由良、日高、美浜、日高川各市町と地域見守り協定を結ぶ。
 全国的な地方の人口減少傾向に合わせ、地域の個人経営の生鮮食料品店が姿を消しつつあるなか、日高地方でも高齢者や車を運転できない、いわゆる「買い物弱者」と呼ばれる人らを支援する地域貢献事業。移動スーパーを運営する徳島市の企業からノウハウを得て、9月中旬をめどに開始準備を進めている。当面は由良、日高、美浜の3町で実施。車両を増やし、御坊市や日高川町へもエリアを広げる計画にしている。
 日高地方で移動スーパーは2例目だが、1軒1軒を訪ねる形は初めて。ニーズに合わせて巡回ルートを決めていく。冷蔵庫を積む軽トラックに肉や魚の生鮮食品、野菜、果物、惣菜、パン、菓子、日用品といった約300品を載せ、希望者宅を週2回のペースで訪問する。軽トラックのため自宅前までの乗り入れができ、庭先に「ミニAコープ」がオープンするイメージ。「見て、触って、感じて、選んで」という買い物の楽しさを届けるだけでなく、御用聞きや相談相手として役立てる事業を目指している。
 協定書の締結式は19日午前9時から御坊市のJA紀州本店で。担当する職員の北岡正敏さん(44)と池田博之さん(38)は「一人でも困っている人の力になりたい」とやる気をみなぎらせている。

関連記事

フォトニュース

  1. こらこら、やめなさいっていうの!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る