JR南部駅に梅干し種アート

 日本一の梅の郷みなべ町の玄関口、JR南部駅に7日、町内の小学生らが制作した梅干し種アートが設置された。南部高校3年生、狩谷朋香さん(17)が描いた絵画を基に、5つの小学校の児童とJA紀州女性会のメンバーらが梅干しの種を使った壁画を制作。同日朝、駅のホームで小谷芳正町長、JAの久保秀夫組合長、小学生代表の子どもらが除幕した。
 梅干し種アートはJA紀州女性会(平井正子会長)が「日本一の梅の郷 みなべ町」をテーマに、南部、上南部、岩代、高城、清川の各小学校の子どもたちとともに、スプレーで色をつけた梅干しの種をウレタンボードに貼り付けて制作。狩谷さんが描いたウグイスがとまった梅の木と花、満面の笑顔の女の子の原画を基に、ざっと1万3000個の南高梅の種を使って、縦1・8㍍、横3㍍の作品を完成させた。
 JAによると、作品作りは4月から6月にかけての種集めから始まり、色をつけた種を貼り付ける作業は7月6日からスタート。全体を6つのブロックに分け、各小学校が1ブロックを担当。女の子の顔と手の部分はJA女性会のメンバーらがフェルトで制作した。完成した壁画は南部駅の1番ホームに設置され、7日朝、関係者約100人が見守るなか、各小学校代表の児童と狩谷さん、小谷町長、久保組合長らの手で除幕のセレモニーが行われた。
 久保組合長は「来年春には梅の効能などを勉強するための副読本が完成し、全国の図書館等に配布される予定です。私たちはみなべのまちが発展するよう、これからもいろんな活動に頑張りたい」、小谷町長は「皆さんのお力により、立派な梅干しアートの作品をまちの玄関口に展示できることは本当にうれしい限り。みなべを訪れる人たちに、より梅に親しみを持って、食べてもらえるものと期待しています」とあいさつ。JA女性会の平井会長は「きょう、こうして初めて完成した作品を見て、まちを挙げての取り組みだったと思います」と関係者への感謝を示し、原画を描いた狩谷さんも「思った以上に、私の絵にそっくりの作品に仕上がっていて驚きました。皆さんに頑張って作っていただき、とてもうれしいです」と喜んでいた。

関連記事

フォトニュース

  1. 今年も咲きました!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る