JR南部駅に梅干し種アート

 日本一の梅の郷みなべ町の玄関口、JR南部駅に7日、町内の小学生らが制作した梅干し種アートが設置された。南部高校3年生、狩谷朋香さん(17)が描いた絵画を基に、5つの小学校の児童とJA紀州女性会のメンバーらが梅干しの種を使った壁画を制作。同日朝、駅のホームで小谷芳正町長、JAの久保秀夫組合長、小学生代表の子どもらが除幕した。
 梅干し種アートはJA紀州女性会(平井正子会長)が「日本一の梅の郷 みなべ町」をテーマに、南部、上南部、岩代、高城、清川の各小学校の子どもたちとともに、スプレーで色をつけた梅干しの種をウレタンボードに貼り付けて制作。狩谷さんが描いたウグイスがとまった梅の木と花、満面の笑顔の女の子の原画を基に、ざっと1万3000個の南高梅の種を使って、縦1・8㍍、横3㍍の作品を完成させた。
 JAによると、作品作りは4月から6月にかけての種集めから始まり、色をつけた種を貼り付ける作業は7月6日からスタート。全体を6つのブロックに分け、各小学校が1ブロックを担当。女の子の顔と手の部分はJA女性会のメンバーらがフェルトで制作した。完成した壁画は南部駅の1番ホームに設置され、7日朝、関係者約100人が見守るなか、各小学校代表の児童と狩谷さん、小谷町長、久保組合長らの手で除幕のセレモニーが行われた。
 久保組合長は「来年春には梅の効能などを勉強するための副読本が完成し、全国の図書館等に配布される予定です。私たちはみなべのまちが発展するよう、これからもいろんな活動に頑張りたい」、小谷町長は「皆さんのお力により、立派な梅干しアートの作品をまちの玄関口に展示できることは本当にうれしい限り。みなべを訪れる人たちに、より梅に親しみを持って、食べてもらえるものと期待しています」とあいさつ。JA女性会の平井会長は「きょう、こうして初めて完成した作品を見て、まちを挙げての取り組みだったと思います」と関係者への感謝を示し、原画を描いた狩谷さんも「思った以上に、私の絵にそっくりの作品に仕上がっていて驚きました。皆さんに頑張って作っていただき、とてもうれしいです」と喜んでいた。

関連記事

フォトニュース

  1. 地震がきたらどうする?

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1. 写真=1点1点じっくり観賞する来館者  みなべ町立図書館ゆめよみ館で14日から、南部高校美術部…
  2.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  3.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  4.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  5.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
ページ上部へ戻る