全日本書道展 紀央館生ら入賞

 公益社団法人日本書芸院・読売新聞社主催、第20回全日本高校・大学生書道展は、18日から23日まで大阪市天王寺公園内の大阪市立美術館で開催。紀央館高校出身、橘大学4年生の山本奈々さん(日高川町小熊)が最高賞の書道展大賞を受賞した。紀央館高校書道部(石田真弓教諭指導)の現役部員4人も優秀賞を受賞し、関係者は喜んでいる。
 「学生書道のグランプリ」と呼ばれる全国トップレベルの書道展で、今回は1万1034点の応募があった。山本さんは高校入学後に書道を始め、在学中は書の甲子園入賞、全国高校総合文化祭出場などの実績がある。卒業後は京都の橘大学で書道コースを専攻、本格的に書に取り組んでいる。今回の受賞作品はかなで、「香紙切(こうしぎれ)」。百人一首を、第1番目の「秋の田の刈穂の庵の苫をあらみわが衣手は露にぬれつつ」から順に30首ほど書いた。「線にきりっとした美しさを出せるよう意識して書きました。こんな大きな賞は初めてなので、信じられない思い。とてもうれしいです」と笑顔で、「今は卒業制作に取り組んでいます。漢字作品は王鐸(おうたく)を基盤にした創作、かなは今回と同じ香紙切です。今回の入賞を励みに頑張りたいと思います」と話している。在籍する橘大学は大学の部最優秀校にも選ばれた。石田教諭は「高校生の時から活躍し、今は部活に顔を見せて現役部員の指導もしてくれています。大学での書道は、高校までとは全く違う難しさで大変だと思いますが、頑張ってほしいですね」と話している。
 優秀賞は、脇坂成奈さん、中村綾香さん、川端風夏さん、宮本静香さん(いずれも3年)。4人とも古典の臨書で、脇坂さんは傅山(ふざん)、中村さんと川端さんは王鐸、宮本さんは呉昌碩(ごしょうせき)に取り組み入賞した。脇坂さんと中村さんは2度目、川端さんと宮本さんは初めての優秀賞。「あまり自信はなかったけど、結果を出せてうれしいです」「書き足りなかったけど優秀賞がとれてよかった」など喜んでいる。

関連記事

フォトニュース

  1. 日高の魅力が満載

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る