みなべの小学生が着衣水泳学ぶ

 みなべ町青少年育成町民会議上南部支部(細川庄三支部長)は5日、上南部小学校プールで着衣水泳教室を開き、町内の小学生25人が水難事故の対処法を学んだ。同会議では初めての試み。講師は田辺海上保安部の職員13人で、「万一、海に転落し、自力で岸までたどり着けない場合は、体を浮かせた状態で助けを待つことも重要」とアドバイスした。
 着衣水泳は服を着たままで水に入り、泳ぎやすい水着との違いを体感するという内容。まず、プールを歩いたり、泳いだりして普段水着で泳ぐこととの違いを体験した。海上保安部からは溺れている人がいた時の救助法を紹介。「泳いで溺れている人を助けようとしてはダメ」と前置きしたうえで、「近くに浮き輪やビーチボールなど浮く物があれば、投げ入れてあげるとよい。紐があれば投げ入れる物をくくりつけてほしい。そうすれば投げることに失敗しても何度でもチャレンジできる。長い棒につかまらせることも有効」などと説明した。自分が川や海に誤って転落した時の対処法としては、「体を仰向けにして水面に浮く背浮きで、助けを待つことが大切」とし、子どもたちは実際にプールで挑戦。「両腕を頭上に広げて伸ばす」などアドバイスを受けていた。ペットボトルを利用して浮くことも学習した。救助では紐でくくりつけたペットボトルを投げ入れる練習も行った。細川支部長は「水の事故は絶えない。もし、水難者を発見したり、自分が溺れてしまったりした場合にきょうの学習を生かして対応してほしい」と話していた。 

関連記事

フォトニュース

  1. う~ん、とってもボタニカル

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. いなみまめダムマラソン

    11月 3 @ 8:00 AM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る