芝生化の意義は大きい

 小学校のグラウンドを芝生にすることで、さまざまな効果があるといわれている。子どもたちが転んでもクッションとなってけがをしにくくなり、砂ぼこりを防ぐのでのどの痛みを訴える児童も少ない、大雨が降っても土の流出を抑えられる、外で思いっきり遊ぶ子どもが増え運動量がアップする。緑の芝が精神の安定にかかわっているともいわれ、ストレスを軽減する効果もあるとされている。学校施設に限らず、スポーツ、とくにサッカーでは土のグラウンドより芝生で練習する方がもちろんけがは少なく、思い切ったプレーができるので技術がアップするというのが定説となっている。
 筆者の地元の切目小学校は日高地方で唯一、グラウンドを芝生化している。みんなでグラウンドに芝生の株を植えてもう6年になるのかと、月日のたつ早さに驚いた。校長先生がおっしゃった子どもの運動機能アップ、擦り傷などで保健室に来る子どもが減ったことは本紙既報の通りで、まさに全国的な調査結果と同じ。芝刈りや水の管理など大変だが、子どものためと時間を惜しまない先生方には頭が下がる。
 校長先生が肌で感じたことの一つとして、地域コミュニティーが強くなったといわれていたのが印象深い。芝生の株を植える作業に400人余りがグラウンドに集まった。切目小校区が約700世帯であることを考えると、参加率は非常に高い。多くの住民が、学校に足を運んで行事にたずさわり、ほんのわずかでも教諭や保護者と会話することで、親近感や理解が深まるのも理由の一つだろう。未来を担う子どもを育てるのが学校、その学校を育てるのは地域の力だとすれば芝生化の意義は大きい。(片)

関連記事

フォトニュース

  1. 渓流の女王 アマゴ解禁

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る