松源が美浜、日高で移動スーパー

 県内を中心にスーパーを展開する株式会社松源(本社・和歌山市)が新たに美浜町と日高町で生鮮食品等の移動スーパーをスタートさせることになり、3日には両町との間で高齢者等の見守り協力、災害時の救助物資調達に関する協定を締結した。同社の移動スーパーは現在、高野、有田川、橋本など4市町で実施しており、日高地方では初となる美浜町と日高町は5日に松源御坊店で出発式を行う。
 全国的な地方の人口減少傾向に合わせ、地域の個人経営の生鮮食料品店等が姿を消しつつあるなか、日高地方でも高齢者や車を運転できない人らいわゆる「買い物弱者」と呼ばれる人たちは増加傾向。こうした社会環境の変化を背景に、松源は平成25年11月、高野町で生鮮移動スーパー第1号の営業を開始。現在までにかつらぎ、有田川、橋本の4市町で展開しており、今回は日高地方で初めて、美浜町と日高町での買い物支援サービスをスタートさせる。
 生鮮移動スーパーは常温、冷蔵、冷凍の3つの温度管理が可能な2㌧トラックに、野菜、鮮魚、精肉などの生鮮食品をはじめ、牛乳、パン、調味料、菓子、おにぎり、弁当、アイスクリームなど約800種類の商品を積んで販売。5日午前10時から松源御坊店で出発式を行い、同日は美浜町内の1カ所(新浜の秋祭りお旅所)で販売し、その後は美浜と日高を曜日で分けて販売する。
 また、同社は移動スーパーのスタートに合わせ、美浜、日高の両町との間で高齢者等の見守り協力、大規模災害時の飲料水や食料品など救助物資の調達に関する協定を締結。3日には日高振興局で調印式が行われ、森下誠史町長、松本秀司町長が協定書に署名、調印した。
 森下、松本両町長は「地域の買い物弱者が増加し、地震津波や風水害の災害も危惧されるなか、移動スーパーは住民にとっても行政にとっても非常にありがたいサービス。今後ともいいおつきあいをお願いします」とし、松源の﨑中誠常務取締役管理本部長は「地域のニーズにお応えするため、商品や販売場所については住民の皆さまのお声をいただきながら増やしていきたい」と話していた。

関連記事

フォトニュース

  1. ありがとうございま~す!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る