全国高校軟式野球和歌山大会 南部が優勝

 全国高校軟式野球選手権和歌山大会の決勝が30日に上富田スポーツセンター野球場で行われ、南部が延長戦の末に新宮を3―1で下して2年連続9回目の優勝を飾った。3・4日に京都で開催される近畿大会に県代表として出場する。竹本智主将は「近畿では優勝して全国出場を狙う。全国では、昨年ベスト8だったのでもっと上を目指したい」と意気込んでいる。
 決勝は南部の主戦竹本、新宮の中野の投げ合いで、息詰まる投手戦。特に竹本は延長の10回が終わっても安打を与えず3死四球だけの好投。中野も走者を背負うもののあと1本を許さず、両者ゼロ行進が続いた。試合が動いたのは延長戦最終の15回。南部は相手の失策、四球などで無死満塁の好機をつかむと2番田中が内野安打の適時打。相手守備がもたつく間に2人の走者が生還し、2点を先制した。さらに5番竹本の内野ゴロの間に3点目を奪った。その裏、新宮は1点を返してなおも1死満塁の好機をつくったが、後続が三振、投手ゴロでゲームセットとなった。200球を超える力投をみせた竹本は「延長に入って走者を背負うピンチがあったが、みんなの0点に抑えるという強い気持ちが優勝につながった」と振り返った。近畿大会には和歌山、奈良、滋賀、京都の各府県代表4校が出場。南部は初戦で天理(奈良)と対戦する。近畿大会で優勝すると、全国大会の出場権を獲得。池田哲也監督は「新チーム結成後、技術、体力、精神面で成長した。昨年の全国ベスト8、国体優勝メンバーがことしは5人残っており、大舞台の経験もある。近畿では優勝、全国はベスト4以上を狙う」と話した。メンバーは次の皆さん。
 種治宏樹(責任教師)、池田哲也(監督)、東光亜美、東光つぐみ、山本汐音、鎌倉彩(以上マネジャー)、竹本智、岡田卓真、堺目忠将、田中僚馬、仲道法、大前尋、鈴木順也、井善之、井戸崇人、池永侑樹、坂内拓磨、岩本祥太、武田僚大、山川真生、宮﨑純弥、丸木信行

関連記事

フォトニュース

  1. もういうてる間ぁに春やな…

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. 南部梅林

    2月 1 @ 12:00 AM - 3月 1 @ 12:00 AM
  2. ごぼうまちゼミ

    2月 8 @ 12:00 AM - 3月 15 @ 12:00 AM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る