みなべの松下さんが紙芝居で最優秀賞

 全国各地から応募がある第25回箕面手づくり紙芝居コンクール(大阪府箕面市教育委員会など主催)の入賞者が決まり、みなべ町埴田のイラストレーター松下恭子さん(37)が最優秀賞を獲得した。作品のタイトルは「きんのたね」。受賞については「5回目の挑戦だったので、とてもうれしい。自信にもなった」と喜んでいる。
 応募したのは一般の部で、同コンクールで入賞経験のない人が参加するB部門。審査は3次まであり、1次審査(6月6日)は絵と脚本、2次(7月4日)と3次審査(同月11日)では紙芝居の実演も行った。松下さんのオリジナルの紙芝居は1次審査を通過し、箕面市立メイプルホールに出向いて実際に審査員らに上演した。結果、全国各地から集まった46点の中から見事最優秀賞に選ばれた。
 作品の「きんのたね」は、とんまなサルのもん吉が金色の種を拾い、柿の種と思い込んで必死に芽を出そうとする。なかなか芽が出ず、一緒に温泉に入ったり踊りを踊ったり拝んだりした。ある時、種をカラスに食べられてしまったが、カラスの糞からとうとう芽が出た。その後、もん吉はせっせと芽を育て、実をならせたが、思っていた柿ではなくトウガラシだったという物語。紙芝居は10枚(縦27㌢、横39㌢)で、絵は和風のタッチで、アクリル絵の具で仕上げた。
 松下さんは「絵や脚本の審査だけでなく紙芝居の実演もあり、とても勉強になった。紙芝居は日本の伝統文化であり、世界最小の演劇。紙芝居をつくるのはとても楽しいので、興味のある人はぜひ挑戦してほしい」と話している。
 平成15年ごろからイラストや絵本の製作に独学で取り組み、絵本「のぞいてごらん」などを出版している。県の紙芝居コンクールでは2位に入ったこともある。箕面市のコンクールへの応募は、6年前にみなべ町図書館職員から紹介されたのがきっかけになったという。これまでに4回挑戦したが、いずれも1次審査で落選していた。

関連記事

フォトニュース

  1. 御坊の子に早く会いたいです

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. 煙樹ケ浜フェスティバル

    8月 31 @ 3:00 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る