世界大会出場も夢じゃない

 先日、PTAのビーチボールバレーの練習で久しぶりに汗びっしょりになるまで体を動かした。昨年のビーチ大会以来、1年ぶりの運動といってもいいかもしれない。それほど普段、運動というものから遠ざかっていたのかと自分でも驚いた。以前は仕事が終わってから軽くジョギングすることもしょっちゅうあったが、最近走ったのはいつだったのか思い出せないくらいご無沙汰だ。久しぶりの運動は少し疲れたが、汗と一緒に体から貯まったストレスや悪い物が流れ出たような爽快感を味わうことができた。
 東京オリンピックの翌年、2021年にはワールドマスターズゲームズ(WMG)がアジアで初めて日本で開催される。しかも会場は関西一円。WMGは30歳以上なら誰でも参加できる世界的なスポーツの祭典で、「あらゆる人にスポーツを」を理念にオリンピックと同じく4年に1度開催されている。大手新聞の連載記事でWMGを初めて知ったが、6年後ならいまから始めても参加できるかもしれない、そんな夢を描いている人も多いのではないか。競技はまだ検討中だが、陸上やサッカー、水泳など約30種類が予定されている。
 和歌山県では46年ぶりの国体が、いよいよあと70日余りに迫った。競技会場の整備や受け入れ態勢など準備も整っている。関西WMGの会場も関西一円というだけでまだ決まっていないようなので、日高地方の各自治体もぜひ手を挙げて誘致活動してもらいたい。わかやま国体、東京五輪、そして関西WMG。住民にスポーツへの関心を高める絶好の機会だ。何かとストレスのたまる現代社会、スポーツをやって発散するのが一番。ひょっとすると、WMGに出場できるかも。(片)

関連記事

フォトニュース

  1. おもろいかかしがお出迎え

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る