大引の別荘の多さに驚き

 由良町の白崎海岸を車で走っていて、ふと大引の山腹を見上げると、数多くの住宅が立ち並んでいるのに驚いた。というのは筆者が昔、由良の取材担当をしていたころは数軒しかなかったからで、いまは遠目に見ると「びっしり」という表現がふさわしいほどの数になっている。
 町などによると、100軒ほどあり、ほとんどが別荘。由良町は日本のエーゲ海と呼ばれ、白い石灰岩の岩山などの景観が素晴らしい上に、釣りの好ポイントとしても人気があり、もともと別荘はあったが、この20年間の間に白崎海洋公園がオープンしてスキューバダイビングのメッカとして定着したことや白崎クルーズなど観光の体験イベントも充実してきたことで、別荘地化に拍車がかかった。
 別荘の場合、所有者はその地域に住民登録をするわけではない。だから別荘が増えても「町の人口が増えず、ゴミが増えるだけ」とマイナス面もある。失礼な言い方だが、普段から顔を知らない人がやってくることには、防犯などの面で少なからず心配も出てくる。しかし、一方で普通の住宅に比べ別荘の固定資産税が高額となっているので、町への税収増のメリットがある。人が来れば、地域の物を買うなど経済効果や、その人自身が広告塔となって町をPRしてくれることも期待できる。
 由良町の場合、ほかに別荘地の分譲地をするには、山林を開発するなどしなければ用地がないため、いまのところこれ以上、別荘が増えるかどうかは分からない。民業圧迫を考えると、行政が別荘地の開発に乗り出すのはどうかとも思うが、〝日高地方の軽井沢〟を目指して何か町の施策に取り入れてもおもしろいかもしれない。 (吉)

関連記事

フォトニュース

  1. がんばりまっしょい!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  2.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
  3.  映画「ソワレ」が御坊でも好評上映中ですが、タイトルは「夜会」を意味する言葉。そんなタイトルの司馬遼…
  4.  主演ドラマ「半沢直樹」の新シリーズが大ブレイク中の俳優、堺雅人。テレビ雑誌で連載したエッセイ集をご…
  5.  霊感はさほど強くないはずだが、なぜか奇妙な出来事に遭遇してしまう。本作はノンフィクション作家の著者…
ページ上部へ戻る