混乱の教訓を生かせ

 日高地方一となるプレミアム率40%の美浜町プレミアム商品券は発売初日、既報の通り発行者側の不手際もあって大混乱となった。
 商品券発行は、景気をよくしたり(消費喚起)、低所得者をサポートしたり(生活支援)するための、国の交付金事業。発行は各自治体などで担い、それぞれどこに重点を置くかで事業のやり方は変わる。日高地方でも各自治体で購入者、取扱事業所の対象、購入限度などさまざまだ。
 日高町では議会からの指摘もあり、1人1セットに限定。多くの町民が購入できるようにした。福祉施策に近い感じだ。逆に美浜町は1人5セットまで購入できた。この部分に批判も出たが、「この際大きな買い物を」という人の背中を後押しする、消費喚起では成果が挙がる可能性はある。
 販売方法では美浜町の場合は当日並ぶのが難しい町民への配慮に欠けたというのは否めない。ただ、予算審議の段階で町、議会(町民)から、もっと柔軟な発想が出ていれば「2時間待って買えない」事態は回避できたはず。混乱の責任は現場だけではない。「多くの人が買いたい」と思ってくれるまではよかったかもしれないが、詰めが甘かった。
 いま、取り組みが進められようとしている地方創生では自分たちのまちでアイデアを出し、事業を実行し、成果を挙げなければならない。そんな中、商品券発行の事業一つをとってみても各自治体のカラーが出ている。多様な考え方がある中、不手際の部分を除けばどのやり方が正解なのかは結果を検証してみるまでは分からないと思う。余計な混乱を招いたのは情けないことだが、感情的になるばかりではなくこれをいい教訓ととらえ、次の事業に生かすことも大事である。(賀)

関連記事

フォトニュース

  1. う~ん、とってもボタニカル

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. いなみまめダムマラソン

    11月 3 @ 8:00 AM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る