勇気ある子へわんぱく相撲

 御坊市立相撲場で先月13日、御坊青年会議所主催の第29回わんぱく相撲御坊場所が開かれた。147人のちびっ子力士が参加。筆者は熱戦の模様をカメラに収めていたが、筆者が小学校の頃の相撲に関する思い出が頭の中を駆け巡った。
 筆者が相撲に興味を持ち出したのは小学校高学年の頃で、当時は横綱千代の富士の全盛期。そんななか、「南海の黒豹」と呼ばれた大関、若嶋津のファンで、場所開催中は彼の勝ち負けに一喜一憂。見るだけでなく、所属していた少年野球クラブの冬場の練習で体力作りの一環として実際に相撲を取ったりしたものだ。わんぱく相撲が開催されているのを知ったのもこの頃。小学6年生の時だったと思うが、出場したくてたまらなかったところ、相撲大会当日が野球大会の予定だったので申し込みを断念。この時の相撲大会はクラスメートが優勝し、うれしかった半面、筆者も出場したかったと悔しい思いをしたのを覚えている。
 さて先日のわんぱく相撲大会であるが、特に園児の戦いが印象的だった。勝って喜ぶ子、負けて泣く子も多いが、何よりも大事な礼儀を学びながら、真剣勝負を通じて身をもって勝つことの喜び、負ける悔しさを知ったようだ。相手選手の闘志に押されて泣きながら戦う子、多くの人に見られている緊張で押しつぶされそうな子、投げられてしまうかも知れないことにおびえる子。小さい心と体で、そんな恐いという気持ちを押し殺して相手に立ち向かい、勇気を身につける。たった一日、1試合だけの経験でもたくましい子どもへと導いてくれる。ことしは過去最高の参加者となったが、ぜひ、来年も多くの子どもたちが参加することを願っている。(昌)

関連記事

フォトニュース

  1. 皆さん、頑張ってください

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. いなみまめダムマラソン

    11月 3 @ 8:00 AM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る