人を呼ぶ観光資源をつくる

 先日、テレビ東京の番組「ガイアの夜明け」で、旅行会社のJTB社員が瀬戸内海の小さな島の前島で観光ツアーに挑戦するという内容が放送されていた。自然に恵まれ、きれいな夕日が見られるということだが、これといって大きな観光資源はない。番組では旅行プランをつくり出す取り組みが紹介された。
 具体的には発泡スチロールでつくった手づくりの筏(いかだ)に乗る体験や、海中で発光するウミホタルを観賞する企画などを取り入れた。住民の協力でつくったカボチャ入りのぜんざいも冷やして提供。その地方でしか味わえない料理や体験が行われ、家族連れで訪れたツアー参加者らには「のんびりとできていい」などと好評だった。
 観光資源とは、温泉やきれいな海水浴場、伝統的な史跡だけではない。めぼしい資源がなければ、創出することも可能だ。先日亡くなった、和歌山電鐵貴志川線の三毛猫「たま駅長」もそうだろう。猫を駅長にするというアイデアが受け、国内だけでなく海外の観光客らにも注目を集めた。一日あたり約700人だった乗降客が就任直後の平成19年1月には約17%増加するなど、「たま駅長効果」は具体的数値となっても現れた。
 日高地方は京都や奈良、東京などと比較すると興味を引くような観光資源はない。しかし、京都や奈良にはないきれいな海、郷土料理などもある。熊野古道が世界遺産登録され、紀南地方を訪れる観光客が増えている。今秋までに田辺~すさみ町までの高速道路も南伸し、京阪神からの観光客が多くなるだろう。その間にある日高地方が単なる通過点となっては寂しい。独自の観光メニューをつくり出し、アピールすることが地域を活性化させる。 (雄)

関連記事

フォトニュース

  1. 気持ちよく踊れました

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  2.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
  3.  短歌をやっている母の本棚に20年ほど前からあった著者のサイン入り歌集ですが、今回初めて中身を読みま…
  4.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  5.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
ページ上部へ戻る