上を目指せば道は開ける

 世間ではサッカー女子ワールドカップの日本代表の戦いが注目されているが、日高地方のサッカー関係者は先日、U―16サッカーの話題に沸いた。将来の日本サッカーを背負う高校生世代の日本代表に、日高町高家出身で大阪の興國高校1年生の塩崎悠司選手がメンバー入り。インターナショナルドリームカップで世界の3カ国との戦いすべてに出場し、堅実なプレーで日本の全勝優勝に貢献した。メジャースポーツのサッカーは人気が高いと同時に競技人口が多く、それだけライバルが多い中で、日本トップの18人に入ったのだからすごい。なにより、日高地方のサッカー少年に夢と希望を与えた功績は非常に大きい。
 塩崎選手が小学生のころ、トレセン県代表に選ばれて何度か取材したことを覚えている。試合中のプレーは、センターバックとして堅い守りとチャンスでは積極的に攻撃参加していた姿が思い出される。華々しくゴールを決める攻撃の選手がどうしても目立ってしまうが、ディフェンスの選手として存在感があったのが印象に残る。与えられたポジションにひたむきに取り組んできたことの積み重ねが、今回の日本代表につながったのだろう。
 これまでサッカー担当記者として多くの選手を見てきたが、小学生のころから非凡な才能を発揮する選手もいれば、小学生のときはそれほど目立っていなくても、中学、高校生になって実力が開花した選手もたくさん見てきた。塩崎選手は小、中、高と一歩一歩着実に力をつけた印象が強い。スポーツに打ち込む子どもたちには無限の可能性がある。自分はここまでと勝手に決め付けず、上を目指して頑張れば、必ず道は開ける。    (片)

関連記事

フォトニュース

  1. この生命力にあやかりたい

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る