ことしも出来はいいですよ

 桑の葉を成分にした商品の製造、販売をしている印南町印南原の山本農園「エコファームわかやま」=山本幸一代表=で29、30の両日、商品の原材料となる桑の葉の収穫が行われた。3000本の1.6㌧分の葉で、ことしも出来がよく良質だという。
 収穫には、農園の従業員、印南町シルバー人材センターのメンバーら約20人が携わった。県内最大の約2000坪の広大な畑では約6000本の桑の木を栽培しており、光沢があって美しい青々とした大きな葉をつけて成長。収穫したのは、葉を目的に栽培している3000本で、初日は天辺部分から5㌢程度のくきを収穫し、2日目は初日に切り落とした部分からさらに5㌢程度を取った。作業員らは一本一本丁寧にはさみを入れて収穫。収穫後はくきから葉をもぎとる作業に追われた。葉は保冷車で、商品を製造する京都の施設へ運ばれた。
 建設、産廃中間処理などのワコーグループの会長でもある山本代表(59)はストレスなどで通院していた時、京都工芸繊維大学の原三郎名誉教授の勧めで桑の葉の粉末を飲み続けたところ体調が回復。桑の葉の効果を多くの人に知ってもらいたいとの思いから平成17年に農園を開設し、桑の栽培に取り組み始め、粉末タイプの茶「桑の葉茶」、同商品の錠剤タイプや桑葉のせっけん「絹乙女」など製造・販売している。日高地方の飲食店でも桑の葉茶を使ったメニューが味わえる。
 桑の葉には血糖値上昇の抑制、高血圧改善、便秘改善などに効果があるという。山本代表は「いろんな人に飲んでいただき、体調が良くなったと聞くと事業をして良かったと思います。健康なくしては何もできない。〝ふるさと創生は健康から〟。地域の皆さんのお役に立てれば」と話している。

関連記事

フォトニュース

  1. 御坊の子に早く会いたいです

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. 煙樹ケ浜フェスティバル

    8月 31 @ 3:00 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る