由良町の職員が摂南大学で講義

 昨年10月、由良町とふるさと協定を締結した摂南大学(大阪府寝屋川市)でこのほど、同町総務政策課企画政策班主任の寺井一馬さん(37)が、経済学部の1年生ら約200人を前に経済ゲストレクチャーを行った。「過疎化に悩む地域の活性化」がテーマで、町の人口減少の現状や観光、産業振興の取り組みなどを紹介した上で、「活性化に向けて若い学生のアイデアを出してほしい」と要請した。
 摂南大学の経済ゲストレクチャーは、学生に〝生きた経済〟の現実の課題と活動に触れてもらおうと、ゲスト講師を招いて、実践事例を学ぶ授業の一環。由良町と同大学はふるさと協定以降、さまざまな交流を続けており、今回、ゲスト講師を務めるのは、初めてとなった。寺井さんはまず「由良町には白崎、興国寺、戸津井鍾乳洞などの観光名所がある。産業ではミカン、ワカメなど」と説明。ただ、「人口が減少し、小学校が1校減り、中学校は1つに統合された。農業者人口も減っている」とし、「こういったマイナスイメージを払しょくし、地域活性化につなげるため、さまざまな政策を行っている。新規就農支援や地域交流施設『ゆらっと紀州』のオープン、旧衣奈保育所施設での福祉事業、田舎暮らし推進へ体験イベントなどがある」と紹介した。最後に「若い学生たちに地域振興のアイデアを出してもらえれば」と呼びかけた。
 学生は事前にも授業の一環で和歌山県と由良町について学んでおり、レクチャーでは熱心にメモを取るなどで聞き入っていた。また、今回のレクチャーを通じて由良町のPRにも一役買ったようだ。

関連記事

フォトニュース

  1. いまが見ごろです

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  2.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  3.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  4.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  5.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
ページ上部へ戻る