紀州うめどりは臭み少ない

 県畜産試験場養鶏研究所(日高川町)は、飼料に脱塩濃縮梅酢「紀州梅そだち」を加えて育てた肉用鶏「紀州うめどり」に含まれる鶏肉独特の臭みが、一般的なブロイラーより少ないことを科学的に証明した。成分や食味の調査で解明し、同研究所では「今後は臭みが少ないという特性を販売促進に生かしていきたい」と話している。
 紀州うめどりは県内で120万羽が生産されているブランド鶏。鶏肉臭は、鶏肉中に多く含まれる脂肪中のリノール酸が酸化されることで生じる臭気成分のデカジエナールが原因とされる。紀州うめどりは以前から「不快な臭いが少ない」といわれていたが、「紀州梅そだち」による鶏肉臭の減少効果を証明しようと同研究所が科学的に取り組んだ。
 紀州うめどりと一般のブロイラーを使った鶏肉スープを比較する食味検査を実施。パネリスト10人がスープを飲む前と飲んだ後に感じる香りを調べた結果、いずれも紀州うめどりの方が「鶏肉臭さが少ない」という評価だった。さらにそれぞれのデカジエナールの発生量を調べたところ、紀州うめどりは一般のブロイラーより約50%少ないことが確認された。
 このほか、温風と水蒸気を使ったスチームコンベクションオーブンによる真空調理法でむね肉を調理。パネリスト16人が食味検査を実施したところ、紀州うめどりが一般のブロイラーより「臭い」「歯ごたえ」「味」「総合評価」でいずれも好評価だった。同研究所は「『紀州梅そだち』は十分に現場活用が可能。鶏肉独特の臭みが少なくなるという特性を生かして差別化を図りたい。冷凍むね肉は脂が少なくぱさぱさ感があるとして消費が低迷しているが、紀州うめどりの魅力ある調理法を提示することもできた」と話している。

関連記事

フォトニュース

  1. 日高の魅力をPRします!

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る