十七音のリズムに感動を乗せる

 「匙なめて童楽しも夏氷」――。中学生の時、国語の授業で習った俳句である。楽しい雰囲気と、なんとなく味覚が刺激されるところが印象に残り、気に入っていた。当時から今に至るまで俳句作品を読むのは大好きだが、自分で「詠む」のはセンスに問題があるためか全くできない。一度基本から学べたらと思っていたところ、日高高附属中学校で俳句の特別講義を取材する機会を得た◆講師は朝日新聞和歌山版俳壇選者の手拝裕任さん、毎日新聞紀州俳壇選者の本多邁(すすむ)さん。3年生80人が基礎から実践までじっくり学んだ。筆者にとっても楽しく有意義な時間で、中学生80人の作品を読むのも楽しい経験だった。サンタクロースを「赤いブーツのじいじ」、美しい野鳥のカワセミを「青い彗星」、ひまわりの花を照らす太陽を「親光」など、選には入らなくとも素人の筆者には面白い表現だと感じられる句がたくさんあった◆「説明するのではなく、十七音だけで人の心を動かさねばならない」と手拝さん。文芸に何より必要なのはやはり「感動」だと実感。作者の感動がそこになければ、読む人の心を動かせるわけはない。ただ感動を人に分かってもらうには工夫が必要で、その一つが「リズム感」。日本語という言葉の魔術は、語感の持つリズムによって効いて来る。名句20句を鑑賞したが、その一つ「水打つて石語りだす笑ひだす」も韻を踏んだリズムの力が読む人の心を打つ◆名句鑑賞で筆者が特に心ひかれたのは「美しき距離白鷺が蝶に見ゆ」。作者の山口誓子という名には覚えがある、と調べてみると、「匙なめて童楽しも夏氷」の作者だった。俳句に興味を持ち始めた年代に戻ったようで、これもまた心躍る発見であった。(里)

関連記事

フォトニュース

  1. 吉兆!? これは珍しい

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  2.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
  3.  短歌をやっている母の本棚に20年ほど前からあった著者のサイン入り歌集ですが、今回初めて中身を読みま…
  4.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  5.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
ページ上部へ戻る