十七音のリズムに感動を乗せる

 「匙なめて童楽しも夏氷」――。中学生の時、国語の授業で習った俳句である。楽しい雰囲気と、なんとなく味覚が刺激されるところが印象に残り、気に入っていた。当時から今に至るまで俳句作品を読むのは大好きだが、自分で「詠む」のはセンスに問題があるためか全くできない。一度基本から学べたらと思っていたところ、日高高附属中学校で俳句の特別講義を取材する機会を得た◆講師は朝日新聞和歌山版俳壇選者の手拝裕任さん、毎日新聞紀州俳壇選者の本多邁(すすむ)さん。3年生80人が基礎から実践までじっくり学んだ。筆者にとっても楽しく有意義な時間で、中学生80人の作品を読むのも楽しい経験だった。サンタクロースを「赤いブーツのじいじ」、美しい野鳥のカワセミを「青い彗星」、ひまわりの花を照らす太陽を「親光」など、選には入らなくとも素人の筆者には面白い表現だと感じられる句がたくさんあった◆「説明するのではなく、十七音だけで人の心を動かさねばならない」と手拝さん。文芸に何より必要なのはやはり「感動」だと実感。作者の感動がそこになければ、読む人の心を動かせるわけはない。ただ感動を人に分かってもらうには工夫が必要で、その一つが「リズム感」。日本語という言葉の魔術は、語感の持つリズムによって効いて来る。名句20句を鑑賞したが、その一つ「水打つて石語りだす笑ひだす」も韻を踏んだリズムの力が読む人の心を打つ◆名句鑑賞で筆者が特に心ひかれたのは「美しき距離白鷺が蝶に見ゆ」。作者の山口誓子という名には覚えがある、と調べてみると、「匙なめて童楽しも夏氷」の作者だった。俳句に興味を持ち始めた年代に戻ったようで、これもまた心躍る発見であった。(里)

関連記事

フォトニュース

  1. 傘差して乗ったりせんといてね

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  2.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
  3.  映画「ソワレ」が御坊でも好評上映中ですが、タイトルは「夜会」を意味する言葉。そんなタイトルの司馬遼…
  4.  主演ドラマ「半沢直樹」の新シリーズが大ブレイク中の俳優、堺雅人。テレビ雑誌で連載したエッセイ集をご…
  5.  霊感はさほど強くないはずだが、なぜか奇妙な出来事に遭遇してしまう。本作はノンフィクション作家の著者…
ページ上部へ戻る