自ら真の更生を否定した

 芸人又吉直樹の小説が芥川賞に決まり、その騒ぎの一方で、神戸連続児童殺傷事件の加害者の手記出版も大きな話題となった。被害者遺族の感情や人権に配慮すべきという著者の少年Aと出版社に対する怒りの声が大きく、それが表現の自由、言論を封殺する世論の醸成につながるとの「反対派の意見に反発する」声もあるが、やはり弱いか。
 事件は犯行の残忍さ、異常さのうえに、新聞社に手紙を送って警察をあざ笑い、報道を通じて世間の耳目を集める「劇場型」という犯罪のジャンルを確立した。容疑者が14歳の中学生だったことも衝撃で、逮捕直後に写真週刊誌の少年の顔写真掲載が議論を呼んだ。
 少年の顔写真や検事供述調書の週刊誌への掲載という騒ぎもあった。これらは少年法やジャーナリズムの観点から議論となったが、今回の手記の出版は医療少年院で矯正教育を受けて「更生」した32歳の大人の行為。分別もあるはず。遺族の心を深く傷つけることをなぜ繰り返すのか。
 あるまちの保護司に聞くと、殺人を犯した者が自身の行為を自らの責任と認めて否定し、真の反省に到達すれば、「こんな自分が生きていていいのですか」という言葉を口にする。どれほど自分が他人を傷つけ、家族を裏切り、反社会的な存在であるかに直面した瞬間、絶望し、ようやくそこから更生への一歩を踏み出せるのだという。
 少年Aは今回の手記出版により、自ら真の更生を否定した。本を読んだ人は「謝罪が少なく、小手先の脚色で妙に作家ぶっているのが鼻持ちならない」といい、本名でなく、匿名で本を出したことに多くの国民は強い怒りと疑問を感じている。
 「さぁ、ゲームの始まりです…」。あのときの興奮、快感が忘れられないのだろう。   (静)

関連記事

フォトニュース

  1. みんな海をきれいにね

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る