小学生が東京で美浜町のいいとこPRへ

 東京都中央区八重洲、東京駅前八重洲ビル1階にある県商工会連合会運営のアンテナショップ「まるごと体験わかやま紀州館東京八重洲店いこら」で25、26の両日、「美浜キッズマルシェinいこら」が開催される。文字通り、美浜町内の児童が店内に立って町の特産物などを販売、ふるさとPRに一役買うイベントで、今回が初の試み。参加する児童5人は「元気に笑顔で、美浜町のいいところ、おいしいものを分かりやすく紹介してきたい」と張り切っている。
 アンテナショップとは県内の観光情報を発信したり特産品販売などを通じて商品をPR、消費者の反応を確認したりすることを目的とした施設。紀州館いこらを運営する県商工会連合会では毎月さまざまなイベントで集客に努めており、美浜キッズマルシェは7月3回目の企画として開催される。初日は午後2時から、2日目は午前10時から。終了は2日間とも午後7時。
 初の試みの美浜キッズマルシェに参加する児童は、中西悠吏君(和田小5年)、田渕晴樹君(松原小2年)、谷日和さん(同小5年)、田渕夏希さん(同小5年)、小川浬(かいり)さん(同小4年)の5人。紀州館いこらに普段から特産品等を出展している人たちの関係者らで、今回は出展者の大人に代わって美浜町をセールスする。2日間、釜揚げシラス、ちりめん、イチゴ加工品、早なれ寿司、ヒジキ、松キュウリ、松トマトの販売などイベントの運営を担うとともに、接客を通じて都会の人たちに町をPR。21日には事前の勉強会にも参加して準備を整え、本番を楽しみにしていた。
 美浜町商工会では「昨年度に2回、紀州館いこらで生産者の大人らが特産品の販売を行いました。今回は地域の子どもたちに、美浜町のよさを学んでもらう、また社会勉強の機会にもなればと、キッズマルシェを企画しました。多くの方々にご来場いただければ」と話している。

関連記事

フォトニュース

  1. 吉兆!? これは珍しい

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  2.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
  3.  短歌をやっている母の本棚に20年ほど前からあった著者のサイン入り歌集ですが、今回初めて中身を読みま…
  4.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  5.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
ページ上部へ戻る