由良町観光協会 プレミアム旅行商品を発表

 由良町観光協会(丸宮信幸会長)は、町内の宿泊や食事、体験イベントをセットにした新しい「由良町ふるさと割旅行商品」を開発し、6日から販売をスタートした。クエ鍋、白崎クルーズ、ダイビング体験などの30商品。本年度はプレミアム商品券と同じ国の交付金を活用したいわば〝プレミアム付き旅行〟で、販売価格が最大で半額となる。来年度以降はプレミアムがないが、継続して販売していき、新規観光客の誘致につなげたい考えだ。
 町内には大引の白崎海洋公園や日本のエーゲ海と呼ばれる美しい海と白い石灰岩の岩山、クエが食べられる民宿などがあり観光地として定着。同公園だけでも年間約10万人が訪れているが、さらに県外などからの新規観光客やリピーター客を呼び込もうと、今回新商品を開発することになった。協会加盟の事業所にそれぞれの商品プランを募ったところ、旅館や民宿、飲食店など16事業所から30商品が提案された。本年度は国の緊急経済対策となる地域消費喚起・生活支援型事業の交付金を活用。事業費は800万円で、うち町が186万9000円を負担。地域消費喚起・生活支援型事業では、各自治体がプレミアム商品券を発行しているが、日高地方で旅行に活用するのは由良町が初めて。また、全国的にはお得な旅行券や宿泊券という形で発行されているが、由良町の場合は旅行券を発行するのではなく、新たに開発した商品そのものに助成を出して、利用者の負担が減るようにしている。
 商品を一部紹介すると、「特産品(天狗しょうゆ)付くえ鍋、宿泊」(通常価格半額の8500円)、シーカヤック体験、白崎クルーズ、宿泊」(同9500円)、「イセエビ姿造り付くえ鍋、宿泊」(同8500円)、「体験ダイビング、宿泊」(同1万1500円)、「シーカヤック、地引網、海鮮バーベキュー」(同7500円)など。募集人員など詳細は観光協会ホームページで閲覧できる。受け付けは2人以上でそれぞれの商品の事業所へ直接申し込めばよい。申し込みの条件として利用当日に「商品をどこで知ったか」など8項目の簡単なアンケートに回答すること。利用料は当日支払えばよい。本年度の商品の販売、利用期間は来年1月31日まで(利用期間が限定されている商品もある)。
 同協会は「まずはお客さまに来てもらうのが第一。本年度は国の交付金があるので〝お試し価格〟のようなものです。ホームページでのPRはもちろん、京阪神方面でのチラシ配りも予定しています」と話している。

関連記事

フォトニュース

  1. 真っ向勝負!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る