由良町観光協会 プレミアム旅行商品を発表

 由良町観光協会(丸宮信幸会長)は、町内の宿泊や食事、体験イベントをセットにした新しい「由良町ふるさと割旅行商品」を開発し、6日から販売をスタートした。クエ鍋、白崎クルーズ、ダイビング体験などの30商品。本年度はプレミアム商品券と同じ国の交付金を活用したいわば〝プレミアム付き旅行〟で、販売価格が最大で半額となる。来年度以降はプレミアムがないが、継続して販売していき、新規観光客の誘致につなげたい考えだ。
 町内には大引の白崎海洋公園や日本のエーゲ海と呼ばれる美しい海と白い石灰岩の岩山、クエが食べられる民宿などがあり観光地として定着。同公園だけでも年間約10万人が訪れているが、さらに県外などからの新規観光客やリピーター客を呼び込もうと、今回新商品を開発することになった。協会加盟の事業所にそれぞれの商品プランを募ったところ、旅館や民宿、飲食店など16事業所から30商品が提案された。本年度は国の緊急経済対策となる地域消費喚起・生活支援型事業の交付金を活用。事業費は800万円で、うち町が186万9000円を負担。地域消費喚起・生活支援型事業では、各自治体がプレミアム商品券を発行しているが、日高地方で旅行に活用するのは由良町が初めて。また、全国的にはお得な旅行券や宿泊券という形で発行されているが、由良町の場合は旅行券を発行するのではなく、新たに開発した商品そのものに助成を出して、利用者の負担が減るようにしている。
 商品を一部紹介すると、「特産品(天狗しょうゆ)付くえ鍋、宿泊」(通常価格半額の8500円)、シーカヤック体験、白崎クルーズ、宿泊」(同9500円)、「イセエビ姿造り付くえ鍋、宿泊」(同8500円)、「体験ダイビング、宿泊」(同1万1500円)、「シーカヤック、地引網、海鮮バーベキュー」(同7500円)など。募集人員など詳細は観光協会ホームページで閲覧できる。受け付けは2人以上でそれぞれの商品の事業所へ直接申し込めばよい。申し込みの条件として利用当日に「商品をどこで知ったか」など8項目の簡単なアンケートに回答すること。利用料は当日支払えばよい。本年度の商品の販売、利用期間は来年1月31日まで(利用期間が限定されている商品もある)。
 同協会は「まずはお客さまに来てもらうのが第一。本年度は国の交付金があるので〝お試し価格〟のようなものです。ホームページでのPRはもちろん、京阪神方面でのチラシ配りも予定しています」と話している。

関連記事

フォトニュース

  1. ぜひ見にいらしてください

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. 南部梅林

    2月 1 @ 12:00 AM - 3月 1 @ 12:00 AM
  2. ごぼうまちゼミ

    2月 8 @ 12:00 AM - 3月 15 @ 12:00 AM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る