ボクシング世界王者の内山選手と八重樫選手がみなべ町訪問

 ボクシングのWBA世界スーパーフェザー級スーパー王者の内山高志選手(35)、元WBA世界ミニマム級・フライ級王者の八重樫東選手(32)の2人が16日にみなべ町を訪問。小谷芳正町長から梅製品をプレゼントされた両選手は「梅干しは練習の後などによく食べます」と笑顔。小谷町長は「健康にいい梅を食べて、頑張って下さい」と激励した。
 同町西本庄の梅加工業、マルヤマ食品㈱の丸山幸雄社長(61)は内山選手、八重樫選手と同じ拓殖大学出身で、母校のつながりで以前から交流があり、今回の訪問となった。
 同町を訪れるのは初めてという2人は、町長室で小谷町長らと歓談。小谷町長は「梅干しを熊野牛に食べさせたら、脂肪が減って霜降りがなくなってしまったという話を聞いたことがある。町では健康と美容の食品としてアピールしている。県内では町民のメタボ率が低く、医療費も安く抑えられているというデータがある」などと梅の機能性を説明。同席した林秀行うめ課長も「町ではスポーツ=梅というキャッチフレーズで販売促進を行っている。激しいスポーツであるボクシングの選手に、サプリメントではない自然食品の梅を食べて体調管理に役立ててほしい」とPR。両選手には梅干しや梅エキスなどの梅製品が贈られ、内山選手は「和歌山県の知り合いから梅干しをいただくことがあり、練習のあとによく食べています。塩分補給や疲労回復に役立てています」、八重樫選手は「いつも食卓には梅干しが置いてあります。3人の子どもも梅干しが大好きです」と話した。

関連記事

フォトニュース

  1. 揺れる火に思いを込めて

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  ホラー、怪談、恐怖小説、怪奇小説、スリラーなどいろいろ類語はありますが、私はやっぱり日本古来の怪談…
  2.  代表作の「青の炎」や「悪の教典」で今や誰もが知っている人気のホラー作家貴志祐介。デビューから1年目…
  3.  ひとりかくれんぼとは、もともと関西・四国地方において、「コックリさん」と共によく知られる遊びであっ…
  4.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  5.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
ページ上部へ戻る