夏は水分補給をしっかり

 長い雨がやっと終わったと思えば、一気に気温が上がり、本格的な夏に突入といった感じだ。例年通りなら20日の海の日前後には梅雨明けが発表される見通し。最近は日中30度を超える暑い日が続いており、夜間もどんどん暑くなっていくのだろう。日本気象協会によるとことしの夏は湿度が高いことが特徴とのこと。本州の太平洋側は気温は平年並みだが、蒸し暑い日が続くとのことだ。
 気温が上がってくると心配になるのが熱中症だ。全国の99の観測地点で35度以上の猛暑日となった14日には、全国で約1000人が熱中症とみられる症状で病院に運搬され、死亡者も出ている。今後も、暑い日が予想される中、子どもや高齢者を中心に注意しなければならない。
 熱中症とは高温、多湿の環境で、大量に汗が出て体内の水分やミネラルのバランスがくずれたり、体温の調節ができなくなったりすることによって起きるさまざまな症状。対策として水分補給が大事だが、どういった飲み物が適しているのか。ビールなどのアルコールはもちろんだが、コーヒーや紅茶などカフェインが多く含まれる飲み物にも利尿作用があるので、水分補給には適していない。
 適している飲み物としてスポーツ飲料だが、より体に吸収されやすいのが「経口補水液」。ドラッグストアなどで販売されているが、自分で簡単に作ることもできる。インターネット上にいくつかのレシピがあり、主なのは「水(湯さまし)1㍑、塩3㌘、上白糖40㌘」を混ぜればでき、レモン果汁などで味を調整できる。筆者も作ってみた。特別おいしいわけではないが、十分に飲める味。しっかり水分補給し、夏を乗り切ろう。(城)

関連記事

フォトニュース

  1. ありがとうございま~す!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る