情報の共有が命を救う

 岩手県矢巾町で、中学2年男子生徒(13)がいじめを苦に電車に飛び込んだとみられる自殺があり、若い命が絶たれた。テレビや新聞の報道では生徒と担任がやり取りする「生活記録ノート」に「殴られたり、蹴られたり、首絞められたり」と暴力を受けていたことが書かれ、「市(死)ぬ場所はきまってるんです」とつづられていたという。しかし、担任からは「明日からの研修たのしみましょうね」など書かれただけだった。
 メディアでも注目され、先日放送されていたテレビ番組では1人の元国会議員が「厳しい言い方かもしれないが」と前置きした上で、「病気で生きられない人もたくさんいる。どんな場合であっても自らの命を絶つということはあってはいけない。いじめで死にたいと思うぐらいなら学校に行かなくてもいい」とコメントしていた。
 まったくその通りだと思う。しかし、今回の場合、いじめで死にたいと思っていたことを親にも打ち明けていなかった。そんな子が「いじめが嫌だから学校には行かない」と簡単に逃げ道を探せただろうか。生活記録ノートに悩みを書き込んだのが精いっぱいの勇気だったかもしれない。
 中学や高校になると、親との会話が少なくなりがちだ。だからこそ、周囲全体で子どもが発したSOSは敏感に感じ取らなくてはならない。それが今回の場合は生活ノートだった。担任が少年のメッセージを敏感にとらえ、校長や少年の親に相談を持ちかけていたら、命を絶つという行為はなかったのかもしれない。
 親と子どもが接する時間が少なくなった現代社会では、学校、家庭、地域が連携して見守ることが必要。子どもの情報を3者間で風通しよくすることで、1人でも多くの命が救えるのではないか。(雄)

関連記事

フォトニュース

  1. 世界に「YELL」を届けましょう

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る