U-16日本代表の塩崎選手 優勝に貢献

 U―16(16歳以下)サッカー日本代表のDF塩崎悠司選手(日高町高家出身、大阪興國高1年)は、大阪のキンチョウスタジアムで行われたU―16インターナショナルドリームカップ2015の最終戦、フランス戦に後半途中出場。センターバックとして堅実なプレーで相手にチャンスを作らせず、3―1で強豪を撃破。3戦すべてに出場し、日本の全勝優勝に大きく貢献した。
 第1、2戦とも勝利し、優勝がかかった大一番のフランス戦では、2―1でリードしながらもフランスの追い上げムードの後半残り15分、塩崎選手がピッチに入った。同点に追いつかれると雰囲気ががらりと変わってしまう大事な場面で、ポジションはこれまで通りのセンターバック。落ち着いたプレーで相手の攻撃を封じると、味方攻撃陣がゴールをこじ開けて試合を決定づける3点目を奪った。このまま3―1で逃げ切り、チーム一丸で栄冠を手にした。スタジアムには塩崎選手が小中学生の時に所属していたエストラッサ湯川、カナリーニョFCの現役選手やOBら大勢が声をからして応援。手作りの横断幕も掲げ、塩崎選手を後押し。日本トップクラスのプレーに「すごいキック力」「サインが欲しい」などと目を輝かせていた。
 大会初日(24日)前日の23日、体調不良で離脱した選手に代わって緊急招集された期待の星。堅実な守備と積極的な攻撃参加で存在感をアピールし、巡ってきたチャンスを見事に生かすプレーを見せた。3戦ともスタジアムで観戦した小学生の時の恩師、エストラッサ湯川の藤田潔監督によると、塩崎選手はフランス戦後「初の日本代表で自分のためになりました。チームに戻ってまずスタメンを勝ち取り、経験を積んで成長し、またこの舞台に戻ってきたい。次はもっとチームに貢献できるように努力を続けていきたい」と話していたという。藤田監督は「あの場面での出場は監督からの信頼が厚かった証拠。これからは自分を磨くのはもちろん、周りを幸せにできる男になってもらいたい。後輩たちの顔も見に来てほしい」と話している。

関連記事

フォトニュース

  1. お元気ですか

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  2.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
  3.  映画「ソワレ」が御坊でも好評上映中ですが、タイトルは「夜会」を意味する言葉。そんなタイトルの司馬遼…
  4.  主演ドラマ「半沢直樹」の新シリーズが大ブレイク中の俳優、堺雅人。テレビ雑誌で連載したエッセイ集をご…
  5.  霊感はさほど強くないはずだが、なぜか奇妙な出来事に遭遇してしまう。本作はノンフィクション作家の著者…
ページ上部へ戻る