安保法案の慎重審議は当然

 さまざまな社会問題や政策の賛否などについて同意する人の名前を集め、政府や地方自治体などに訴えようと、個人や各種団体が行う署名運動。集まった人数が多いと一見、すごいように思うが、人数による〝説得力〟についてはやや疑問。中には、知人や友人、会社の上司から「ちょっと名前書いといてよ」と言われると、内容もよく見ずに署名する人もいるからだ。しかし、真にその思いを署名という形で訴えたい人も当然いるわけで、こういった運動で集まった署名はやはり〝重み〟のあるものとして受け止めるべきである。
 先日、日高町議会が同町憲法9条の会から提出された「海外での戦争行為につながる法律の改定を行わないことを求める意見書」の請願を不採択にした。「地方議会で法律改定に意見を言うのは好ましくない」との理由。ただ、請願には町民1332人分の署名が添えられており、「署名に込められた反戦の思いを国に伝えることが大切」として、総務福祉常任委員会が「国際平和支援法案と平和安全法制整備法案の慎重審議を求める意見書」を提出。先の請願の紹介議員も含めて満場一致で可決された。9条の会でも「署名を重みのあるものとして受け止めてくれた」としており、今回、議会側の〝名采配〟と言えるのではないだろうか。
 全国的にみれば、宮崎県の常任委員会が安保関連法案について「慎重審議を求める意見書」の提出さえも不採択にしたが、筆者としては戦争につながるかもしれないという不安を抱く国民がいる中で、慎重審議は当然必要だと思う。国会会期の9月下旬までの延長は賛否もあるが、この際、十分な審議を尽くしてほしい。  (吉)

関連記事

フォトニュース

  1. ええ感じになってきました

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  2.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  3.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  4.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  5.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
ページ上部へ戻る