中学軟式野球 アローズ4選手沖縄遠征へ

 大阪府内にある中学生軟式野球のクラブチームを中心に組織されている「リーグ大阪」の第20回沖縄遠征メンバーに、地元の和歌山Ⅲ(スリー)アローズから4選手が選抜された。7月20日に出発、24日までの5日間、現地で強豪チームと20試合程度、軟式から硬式にボールを持ち替えて実戦に臨む。スリーアローズ4選手は攻守に活躍を誓っている。
 沖縄遠征メンバーは、昨年暮れから今春にかけて開かれたリーグ大阪主催大会の成績を参考資料に選出。参加40チームほどの中から約40人に白羽の矢を立てた。スリーアローズからの選出は2年ぶり10回目。
 沖縄遠征メンバーに選抜されたのは、濱田幹太(由良中3年、遊撃手、右投左打、158㌢・51㌔)▽為橋響(切目中3年、投手、右投右打、175㌢・58㌔)▽榎本竣(由良中3年、二塁手、右投左打、160㌢・43㌔)▽大谷晟寿(切目中3年、右翼手、右投右打、161㌢・49㌔)―の4選手。濱田選手は俊足と高い守備力が光り、為橋選手は力のあるストレートと制球力が自慢。榎本選手は堅実な守備が持ち味で、大谷選手は俊足巧打、とくにミート力に定評がある。
 現地では、浦添市民球場をメーン会場に沖縄県内の軟式選抜、硬式チームなどと熱戦を展開する。濵﨑正人監督は「硬式のボールで野球をやるのは、軟式とまた違った楽しさがあると思う。思い切ってプレーして、高校野球に向けてのいい経験にしてほしい」と4選手にエール。濱田選手は「守備はノーミスで、打席ではヒットを打てるように頑張りたい」と力強く話し、為橋選手は「緩急をつけて打たせて取る自分のピッチングをしたい。自分のストレートが通用するか試したい」と抱負。榎本選手は「思い切って、積極的にプレーし、硬式の野球を楽しんできたい」と胸を躍らせ、大谷選手は「1本でも多くヒットを打って帰ってきたい」と力を込めていた。

関連記事

フォトニュース

  1. この生命力にあやかりたい

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る